マガジンのカバー画像

ハヤカワepi文庫

46
世界の優れた文芸作品を収録するハヤカワepi文庫に関わるニュースや試し読みをお届けします。
運営しているクリエイター

#早川書房

デビュー長篇で世界を席巻! サリー・ルーニーってどんな作家? 『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』訳者あとがき(山崎まどか)

 

※書影をクリックするとアマゾンに飛びます。

  『カンバセーションズ・ウィズ・フレンズ』は現在、世界で最も注目されている新世代作家の一人、サリー・ルーニーの長篇デビュー作である。 

2017年にフェイバー&フェイバー社からこの小説が発売された時、彼女はまだ26歳だった。タイトルの通り、友人同士のおしゃべりやメールのやり取り、チャットなどの“会話”に溢れた独特のスタイルが注目を集め、『カン

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

「言うなれば、疾走するエンターテインメント不条理小説。巻を措く能わずのおもしろさである」――J・M・クッツェー『イエスの学校時代』訳者あとがき(鴻巣友季子)

ノーベル文学賞作家J・M・クッツェーの最新刊『イエスの学校時代』(鴻巣友季子訳)は好評発売中です。本作は2016年に刊行の『イエスの幼子時代』の続篇にあたります。本記事では、翻訳者の鴻巣友季子さんによる、著者J・M・クッツェーの作品変遷と本作についての解説を掲載します。

訳者あとがき 本書は、J・M・クッツェーによる The Schooldays of Jesus(2016年)の全訳である。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。

非常事態下のイタリアから、日本へ宛てたもう一通の手紙。『コロナの時代の僕ら』より「訳者あとがき」

編集部より「今、このときに読んでほしい」。そんな考えから、全文の公開を行ったパオロ・ジョルダーノ『コロナの時代の僕ら』。全文公開は4月12日19時をもってすでに終了してしまいましたが、たいへん多くの方々に読んでいただき、感想をお寄せいただいたこと、ありがとうございました。

本文の後日談であり、多くの方からご高評をいただいている著者あとがきは公開を続けております、ぜひご一読ください。

今回は、本

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

何を守り、何を捨て、僕らはどう生きていくべきか。『コロナの時代の僕ら』全文公開【終了/著者あとがきのみ継続】

編集部よりイタリアの小説家パオロ・ジョルダーノによるエッセイ『コロナの時代の僕ら』の全文を、著者の特別な許可を得て、2020年4月10日19時より48時間限定公開(終了しました)します。緊急事態宣言下の日本において、今、このときに広く読まれるべきテキストだと考えたからです。

本書は、イタリアでコロナウイルスの感染が広がり、死者が急激に増えていった本年2月下旬から3月下旬に綴(つづ)られたものです

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

【いよいよ4月13日まで】『三体』も、『三つ編み』も、『ミレニアム6』も。国内外約1,000作品が最大50%割引、 「春のハヤカワ電子書籍祭」開催中!

現在開催中のKindle限定電子書籍セール「春のハヤカワ電子書籍祭」。全1,000点超え、ミステリからSF、海外文芸からノンフィクションまで、自信を持ってお薦めする作品を集めて、早川書房が最大規模でお贈りするこのセールも、いよいよ残り日数を数えるほうが早くなってきました。
実施期間は4月13日(月)まで。Kindleストア限定、最大50%割引で読者のみなさまにお届けしています。

早川書房最大規模

もっとみる
ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!

それはまるで天から与えられた恵みのような時間──『ベル・カント』レビュー〔河出真美(梅田 蔦屋書店 洋書コンシェルジュ)〕



(書影をクリックするとAmazonページへジャンプ)

南米の小国を舞台に、副大統領邸を占拠したゲリラと人質の間に生まれる交流を描く感動作『ベル・カント』。11月15日公開の映画「ベル・カント とらわれのアリア」原作でもある本作のレビューが、梅田 蔦屋書店 洋書コンシェルジュの河出真美さんから届きました!

***「ベル・カント」という見なれない単語にまず目を惹かれる。イタリア語かな、と見当を

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

歴史小説であり、女性の成長物語であり、家族の物語であり、ノワールであり、ミステリであり、怒濤の海洋冒険物語。ジェニファー・イーガン新作『マンハッタン・ビーチ』の魅力とは?

斬新な手法を駆使した『ならずものがやってくる』でピュリッツァー賞および全米批評家協会賞を受賞したジェニファー・イーガン。その7年ぶりの新作『マンハッタン・ビーチ』は、前作とは異なる作風ですが、前作同様の面白さを持つ作品です。翻訳者の中谷友紀子さんによる訳者あとがきで、その魅力に触れていただければと思います。

(書影はAmazonにリンクしています)

 超大国アメリカの覇権はいずれ終焉を迎えるの

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

クリスティー『アクロイド殺し』、原尞『私が殺した少女』、イシグロ『夜想曲集』他、早川書房のオーディオブック2019年6月のニューリリース

大好評の早川書房のオーディオブック、2019年6月のニューリリース一覧です。ネタバレされる前に必ず聴いておくべきアガサ・クリスティーの傑作ミステリ『アクロイド殺し』、原尞の直木賞受賞作『私が殺した少女』、ノーベル文学賞受賞作家カズオ・イシグロ『夜想曲集』など以下5点がAudibleから発売されています。無料のお試しもありますよ!

※書影をクリックすると詳しい商品説明に飛びます。

早川書房のオー

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

『これからの「正義」の話をしよう』『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』などノンフィクション、SF、ミステリの名作が続々オーディオブック化!

早川書房の以下の名作11点のオーディオブックがAudibleにて配信中です! どれもミステリ、SF、ノンフィクションの傑作ばかり! 無料体験も可能です。

『これからの「正義」の話をしよう』
(マイケル・サンデル/鬼澤忍訳)

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』
(フィリップ・K・ディック/浅倉久志訳)

『そして夜は甦る』(原尞)

『僕が愛したすべての君へ』(乙野四方字)

『君が愛したひ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

カズオ・イシグロ『浮世の画家』『充たされざる者』『忘れられた巨人』のオーディオブック配信開始!

ノーベル賞作家カズオ・イシグロの傑作小説3作『浮世の画家』『充たされざる者』『忘れられた巨人』のオーディオブック配信がAudibleで始まりました。『浮世の画家』はNHKドラマ化が決定しています。主演は世界の渡辺謙さん! オーディオブック未体験の方は無料お試しも可能ですよ!

ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です

すごい!? ハヤカワ文庫の100冊フェア 小冊子を特別公開

全国書店にて開催された「ハヤカワ文庫の100冊フェア 2018」。無料配布の特製小冊子を全ページ公開します。(※本フェアは終了いたしました。)

ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。

豪華装幀で贈るカズオ・イシグロ『日の名残り ノーベル賞記念版』好評発売中!



『日の名残り ノーベル賞記念版』
カズオ・イシグロ/土屋政雄・訳/村上春樹・解説
46判上製本 カバー金箔押し、ソフトタッチ加工
本体価格2,700円+税 2018年4月18日発売

カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞を記念して、その代表作『日の名残り』を豪華装幀版で刊行します。村上春樹さんによる解説「カズオ・イシグロを讃える」は必読です。

直筆サインが印刷された見返し

帯なし本体

ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです

マーガレット・アトウッド原作ドラマ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」配信決定

米Amazonで2017年に最も読まれた本、マーガレット・アトウッド『侍女の物語』。

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

ギレアデ共和国の侍女オブフレッド。彼女の役目はただひとつ、配属先の邸宅の主である司令官の子を産むことだ。しかし彼女は夫と幼い娘と暮らしていた時代、仕事や財産を持っていた昔を忘れることができない。監視と処刑の恐怖に怯えながら逃亡の道を探る彼女の生活に、ある日

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。