海外文芸

6
ノート

4月全国公開映画「アガサ・クリスティー ねじれた家」読者プレゼントのお知らせ

映画原作
『ねじれた家』
アガサ・クリスティー
田村隆一訳
クリスティー文庫

 アガサ・クリスティーの『ねじれた家』が映画化され、日本公開の運びとなった。
 2017年に公開された「オリエント急行殺人事件」や2016年放送のTV版「そして誰もいなくなった」、日本でも昨年のドラマ「黒井戸殺し」(『アクロイド殺し』)など、近年映像化が相次ぐクリスティー作品だが、今回の『ねじれた家』はこれが初めての映

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8

カズオ・イシグロ『浮世の画家』『充たされざる者』『忘れられた巨人』のオーディオブック配信開始!

ノーベル賞作家カズオ・イシグロの傑作小説3作『浮世の画家』『充たされざる者』『忘れられた巨人』のオーディオブック配信がAudibleで始まりました。『浮世の画家』はNHKドラマ化が決定しています。主演は世界の渡辺謙さん! オーディオブック未体験の方は無料お試しも可能ですよ!

ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
8

商品11 カート・ヴォネガット『ヴォネガット、大いに語る』Tシャツ

和田誠さんが描くヴォネガットのイラストが映えるデニムカラー!

カート・ヴォネガット
Kurt Vonnegut

1922年11月11日の終戦記念日、インディアナ州インディアナポリスに生まれる。コーネル大学生化学科へ進み、学内紙《コーネル・デイリー・サン》の編集に携わる。1942年、軍隊に召集。バルジの戦いにてドイツ軍の捕虜となり、ドレスデン爆撃を体験する。この体験がのちの人生に大きな影響を与え

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
11

商品10 カート・ヴォネガット『パームサンデー』Tシャツ

ハヤカワ文庫SFでおなじみ、和田誠さんによるカート・ヴォネガットのイラストがキュートな一枚!

カート・ヴォネガット
Kurt Vonnegut

1922年11月11日の終戦記念日、インディアナ州インディアナポリスに生まれる。コーネル大学生化学科へ進み、学内紙《コーネル・デイリー・サン》の編集に携わる。1942年、軍隊に召集。バルジの戦いにてドイツ軍の捕虜となり、ドレスデン爆撃を体験する。この体

もっとみる
スキありがとうございます!
10

商品09 ジョージ・オーウェル『一九八四年』トートバッグ

ビッグ・ブラザーとは何者なのか?

混迷の21世紀、ますます重要性が高まる至高の傑作小説! 〈ビッグ・ブラザー/Big Brother〉率いる党が支配する近未来。ウィンストン・スミスは真理省記録局に勤務する党員だ。歴史の改竄が仕事の彼は、屈従を強いる体制に以前から不満を抱いていた。あるとき、奔放な美女ジュリアと出会ったことをきっかけに、伝説的な裏切り者が組織したと噂される反政府地下活動に惹かれるよ

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
15

居場所を探す旅へ――孤独な少年を描く感動作『荒野にて』訳者あとがき(北田絵里子)

3月6日に発売されたウィリー・ヴローティンの小説『荒野にて』。4月12日(金)に公開される同名映画の原作小説である本書は、孤独な少年の彷徨をつづった切なくも胸を打つ作品です。翻訳者の北田絵里子さんによる訳者あとがきを掲載いたします。

(書影・リンクはAmazonにリンクしています)
***

「この世界では耐えがたいことがたびたび起こる。だがぼくにはいつも、ベッドから引っ張り起こしてくれる聖人た

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
12