ハヤカワ演劇文庫

6
記事

【アメリカ現代演劇編】ハヤカワ演劇文庫50冊を一挙紹介!~本を読んだら劇場へ、舞台を観たら本を手に。~

早川書房は演劇青年だった創業者・早川清の「自由に本が読みたい」という決意のもと、1945年8月15日に設立された出版社です。その創業の志をつなぐ演劇専門レーベル「ハヤカワ演劇文庫」は2006年に創刊。15年にわたり国内外の優れた戯曲をご紹介してきました。そしてハヤカワ文庫50周年にあたる今年、50冊目の演劇文庫「ピーター・シェーファーⅠ」を刊行いたします。この節目に、ハヤカワ演劇文庫の既刊をご紹介

もっとみる
スキありがとうございます!
13

のん推薦!「えりさんの作品から受ける感動は、トラウマとなって記憶に刻まれるような衝撃があります」/ハヤカワ演劇文庫『渡辺えりⅢ』

のんさん(女優)推薦!
高村光太郎と宮澤賢治をモチーフにした、渡辺えり円熟の夢幻劇二篇

このたび小社では、2019年8月から全国公演がはじまる、オフィス300『私の恋人』に合わせて、渡辺えりの戯曲集を刊行いたします。

(書影をタップすると、Amazonページにジャンプします。)

戦後の高村光太郎の隠棲生活をあつかった『月にぬれた手』は、これまでに数十本の戯曲を発表をしてきた渡辺えりが、「私は

もっとみる
スキありがとうございます!
4

【入場無料】酒井洋子講演会「ニール・サイモンとわたし」3/29明治記念館

「おかしな二人」「サンシャイン・ボーイズ」「ヨンカーズ物語」「ジンジャーブレッド・レディ」などで知られるブロードウェイを代表する劇作家ニール・サイモン。昨年亡くなったこの不世出の作家の作品の魅力や人柄を、長年演出や翻訳を手がけ、個人的にも親交があった酒井洋子氏が語る講演会「ニール・サイモンとわたし」を開催いたします。
入場は無料。下記の要領でご応募のうえ、是非ご来場ください。

酒井洋子(さかい・

もっとみる
スキありがとうございます!
6

19年2月、窪田正孝出演「唐版 風の又三郎」にあわせて、唐十郎の傑作アンソロジーがハヤカワ演劇文庫から発売!

2019年2月~3月に、渋谷のBunnkamuraシアターコクーンと、大阪の森ノ宮ピロティホールで上演される『唐版 風の又三郎』(出演=窪田正孝、柚希礼音)。
上記公演に合わせて早川書房から、『唐版 風の又三郎』を含む唐十郎の傑作アンソロジーを発売します。

『唐十郎Ⅰ 少女仮面/唐版 風の又三郎/少女都市からの呼び声』(ハヤカワ演劇文庫)

(※書名クリック/タップでAmazonにジャンプします

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
7

保坂和志による『別役実Ⅱ』解説を全文公開。「安らっているはずの死者たちが、生きるよりタチが悪い混乱の中にいたらどういうことになるか?」

今月10月5日に発売した、ハヤカワ演劇文庫の新刊「別役実Ⅱ」。芸術選奨文部大臣賞と読売文学賞を受賞した別役実の代表作、「ジョバンニの父への旅」「諸国を遍歴する二人の騎士の物語」を収録しています。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」と、セルバンテスの「ドン・キホーテ」をモチーフにとったこの二篇は、別役実の円熟期の傑作です。

*   *   *

〈「別役実Ⅱ」内容紹介〉
銀河鉄道に乗った星祭りの夜から二十三

もっとみる
スキありがとうございます!
9

こんなに切ない役に今後出会えるだろうか。――井上芳雄 『アルカディア』(トム・ストッパード作)訳者あとがき公開!

訳者あとがき 小田島恒志(英文学・翻訳)

 一九九三年、ロンドンのナショナルシアターで『アルカディア』が上演されるや、評判が評判を呼び連日大入りとなり、数々の演劇賞に輝いた。それだけではない。劇場に併設されているブックショップの上演台本(戯曲)売り上げ部数記録を塗り替えたのだ。これはつまり、多くの観客が「見て面白かった、けど、よくわからなかった。読んで確かめたい」と思ったことを意味している。そも

もっとみる
ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
5