ハヤカワ・ミステリ

223

ミステリマガジン2020年7月号紹介、およびお詫びと訂正について



ミステリマガジン2020年7月号
この1月30日に、惜しまれつつ亡くなった作家で仏文翻訳家の藤田宜永氏を偲び、本誌では、氏の思い出を語るエッセイや膨大な作品群を総括する作家論、隠れた名作短篇などを再掲載し、氏への最大級の感謝をこめて、追悼の意を表したい。

そして藤田氏といえば、70~80年代を中心とする冒険小説・スパイ小説の時代を支えた作家の一人だったが、その熱い時代が新しい作家たちによって

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。

「ソリッド・シチュエーション・スリラーの新たな傑作」ーー『パーキングエリア』(テイラー・アダムス/東野さやか訳)感想をご紹介します!

 6月18日発売のハヤカワ・ミステリ文庫に登場した、手に汗握る一気読みのサスペンス、テイラー・アダムス『パーキングエリア』(原題:NO EXIT)。この記事では本作の内容紹介に加え、「ソリッド・シチュエーション・スリラーの新たな傑作」、「ラスト1ページまで驚かせ楽しませてくれるサービス精神に満ちた一冊」などなど、SNSに寄せられたコメントから、書店員さんから届いた絶賛コメントもご紹介いたします。

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。