ハヤカワ・ミステリ

4
ノート

クリスティー『アクロイド殺し』、原尞『私が殺した少女』、イシグロ『夜想曲集』他、早川書房のオーディオブック2019年6月のニューリリース

大好評の早川書房のオーディオブック、2019年6月のニューリリース一覧です。ネタバレされる前に必ず聴いておくべきアガサ・クリスティーの傑作ミステリ『アクロイド殺し』、原尞の直木賞受賞作『私が殺した少女』、ノーベル文学賞受賞作家カズオ・イシグロ『夜想曲集』など以下5点がAudibleから発売されています。無料のお試しもありますよ!

※書影をクリックすると詳しい商品説明に飛びます。

早川書房のオー

もっとみる
スキありがとうございます!
10

皆川博子インタビュー記念、ミステリ傑作集『夜のアポロン』全収録作紹介

現代最高の物語の紡ぎ手、皆川博子さんによる、書籍未収録の傑作ミステリを選りすぐった、濃厚な悪意の闇の中に“刹那の生”と“魅惑の謎”がきらめくミステリ短篇集『夜のアポロン』(日下三蔵編/早川書房)。

その皆川博子さんのインタヴューが、朝日新聞デジタル「好書好日」の人気コーナー、〈朝宮運河のホラーワールド渉猟〉に掲載されました。
インタビュアの朝宮運河さんが短篇ひとつひとつに対して丁寧に訊いてくださ

もっとみる
スキありがとうございます!
25

「底なしにも思える奈落を超高速で走り抜けるジェットコースター」ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』解説公開

(書影をクリックするとAmazonページにジャンプ)

前回の記事「読める煉瓦発売中! ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』厚さ対決」にて500円玉やみかんと死闘を繰り広げた『死者の国』。内容の分厚さを存分に語った、ミステリ書評家・三橋曉による解説を公開いたします!

 解説                

                     三橋曉

 昨年の夏、書店に並んだフレン

もっとみる
スキありがとうございます!
16

読める煉瓦発売中! ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』厚さ対決

6月6日に発売となった、ジャン゠クリストフ・グランジェの『死者の国』。なんと、〈ハヤカワ・ポケット・ミステリ〉史上最長の776頁の大作です。背幅はなんと3. 5cm、その厚さに驚く声が各所からあがっています。

(書影をクリックするとAmazonページへジャンプ)

というわけで、『死者の国』といろんなものの厚さを比べてみました。

VS 500円玉

・・・『死者の国』の圧勝。

VS ローダン

もっとみる
スキありがとうございます!
20