ハヤカワ・ジュニア・ブックス

34
固定された記事

みんな笑った『えがないえほん』。子どもたちの写真と動画をあつめました!

「読み聞かせたら、子どもが絶対に笑う本」。
2017年11月に発売し、たくさんの子どもたちを笑わせてきた『えがないえほん』。刊行直後から「めざましテレビ」や「世界一受けたい授業」といったテレビで紹介され、MOE絵本屋さん大賞2018の第4位に入賞しました。

『えがないえほん』B・J・ノヴァク/大友剛 訳
早川書房

■『えがないえほん』について

『えがないえほん』は、書名どおり「絵が一切ない“

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
24

これがポアロ!? 子どもも大興奮の美麗なビジュアル!【ハヤカワ・ジュニア・ミステリ】

世界中の名探偵が集まるレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。その第1弾であるアガサ・クリスティーの長篇10作品の名探偵たちを紹介します。まずは、灰色の脳細胞から鋭利な推理をくりだすこの人物!

名探偵1:エルキュール・ポアロ

「たったひとつのものがこの事件を解決します
――小さな灰色の脳細胞です」

ポアロは、ベルギー出身の世界的な名探偵。
きちんと整えられた口ヒゲ、推理中に興奮すると緑色に

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
27

世界中の名探偵が集結! ハヤカワ・ジュニア・ミステリ刊行開始。第1弾は、アガサ・クリスティーの傑作10作品

2020年3月、「ミステリの早川書房」が児童書レーベルを創設。ハヤカワ・ジュニア・ミステリでは、70年にわたって翻訳ミステリを刊行してきた経験を活かし、ナゾとき×キャラクター×物語、どの点をとってもすぐれた作品を小学生に向けてとどけます。

読者とおなじ年ごろの子ども探偵から、どんな事件も解決するレジェンドまで、世界中の名探偵が集まります!

累計20億部、100年読み継がれるクリスティーの傑作

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
75