ハヤカワ文庫NV

37

【Reader Store/ブックパス限定】電子書籍30%OFFクーポンキャンペーン開催中!

電子書籍ストアReader Store/ブックパスにて、早川書房の電子書籍ほぼ全点が対象となる30%OFFクーポンキャンペーンが開催中です! 期間は6/24(木)いっぱいまで。この機会に両ストアをお使いの皆さんはぜひさまざまな名作・話題作を手にとってみてください!

Reader Storeの特設ページはこちらです。
ブックパスの特設ページはこちらです。

ラインナップのなかから、新しいものを中心

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。

「なによりも素晴らしいのは、そのアクションの密度だ!」『殺し屋を殺せ』シリーズ最新刊、北上次郎解説



『悪魔の赤い右手 殺し屋を殺せ2』
クリス・ホルム/田口俊樹訳

解説/北上次郎(文芸評論家)    

 クリス・ホルムの前作『殺し屋を殺せ』が翻訳されたのは2016年だが、その年の「翻訳ミステリー・ベスト5」(小説推理2017年2月号)で、この作品を私は年間3位に選んでいる。ちなみに、そのときのベスト5の書名はこうだ。

1 『狼の領域』C・J・ボックス
2 『終わりなき道』ジョン・ハート

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!

ジェイソン・マシューズ原作「レッド・スパロー」 3月30日いよいよ公開!

今週金曜日(3月30日)に迫った映画「レッド・スパロー」公開を記念して、発売中の「ミステリマガジン」掲載の記事をご紹介します。

 ボリショイ・バレエ団のプリマ、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、脚を骨折し、ダンサーとして再起不能になる。

 病気の母を抱えて途方に暮れる彼女を助けたのは、ロシア情報庁幹部の叔父ワーニャ(マティアス・スーナールツ)だった。ワーニャは援助の条件として、彼女をハニ

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。

「初球ホームランだ!」最優秀新人賞三冠を獲得! 好評発売中の『眠る狼』から、訳者あとがきを特別公開!

10年ぶりの故郷で待っていたのは血と銃弾、そして真相を求める追跡だった――アンソニー賞、マカヴィティ賞、ストランド・マガジン批評家賞の最優秀新人賞三冠を獲得した注目のデビュー作『眠る狼』から、翻訳者・山中朝晶さんの「訳者あとがき」を掲載します。

本書『眠る狼』は、シアトル出身の作家グレン・エリック・ハミルトンのデビュー作「Past Crimes」の全訳である。彼はこの小説で鮮烈なデビューを飾った

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。