見出し画像

【祝】劉慈欣『三体』、週刊文春「ミステリーベスト10」海外部門第4位!

いよいよ発売日を迎えました。みなさん、テッド・チャン『息吹』はもう購入されましたか?

そんな中、おめでたいお知らせです!
本日発売の〈週刊文春〉に掲載されている「ミステリーベスト10 2019」の海外部門にて、劉慈欣『三体』4位にランクインしました!

画像1

週刊文春12月12日号 ネコチャンがかわいいですね

誌面では、あんな人やこんな人に素敵な推薦コメントをいただいています。ぜひ誌面でご確認を!

「えっ、『三体』ってSFじゃなかったの!?」とお思いでしょうか。『三体』はミステリとしても超一級なのです。物語の発端となる、理論物理学者たちの相次ぐ自殺、不可思議な〈ゴースト・カウントダウン〉、主人公である科学者の来歴……それらの謎はたまらなくミステリアスでサスペンスフル。ミステリ好きの方も、これをきっかけにぜひ手に取ってみてください。

三体書影

『三体』(Amazonページに飛びます)
著=劉慈欣(りゅう・じきん/リウ・ツーシン)
訳=大森 望、光吉さくら、ワン・チャイ
監修=立原透耶
装画=富安健一郎/装幀=早川書房デザイン室

『三体Ⅱ 黒暗森林(仮)』も翻訳快調! 2020年初夏刊行予定です。どうぞお楽しみに!


ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
15
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

三体
三体
  • 35本

第二巻『三体Ⅱ 黒暗森林』6月18日発売、劉慈欣(りゅう・じきん/リウ・ツーシン)による現代中国最大のヒット作品。関連記事を公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。