見出し画像

【audiobook.jp×早川書房】早川書房の海外文学の名作が、audiobook.jpで配信開始!

早川書房から刊行されている海外文学の名作の数々が、12月よりaudiobook.jpにて配信開始されることになりました。
これまでaudiobook.jpでは2018年12月に『虐殺器官〔新版〕』、2019年3月に『ハーモニー〔新版〕』と伊藤計劃作品がオーディオブック化されているほか、マイケル・サンデル『これからの「正義」の話をしよう いまを生き延びるための哲学』『それをお金で買いますか 市場主義の限界』がこれまでに配信されていますが、海外文学を「audiobook.jp」が音声化するのは今回が初となります。

第一弾は、2017年ノーベル文学賞受賞者であるカズオ・イシグロの英国ブッカー賞受賞作『日の名残り』。『血界戦線』スティーブン・A・スターフェイズ役、『文豪ストレイドッグス』森鴎外役、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』中川圭一役、『ディズニー ツイステッドワンダーランド』ディア・クロウリー役など幅広いジャンルの作品で活躍する俳優・宮本充の朗読により、2021年12月21日から配信が開始されています。

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々――過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。失われつつある伝統的な英国を描いて世界中で大きな感動を呼んだ英国最高の文学賞、ブッカー賞受賞作。

今後もaudiobook.jpでは、早川書房の作品をオーディオブック化して配信予定です。2021年の配信は以下が予定されています。

・2021年2月
アガサ・クリスティー『そして誰もいなくなった』
朗読:井上和彦

・2021年3月
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
朗読:園崎未恵

・2021年4月
ジョージ・オーウェル『一九八四年〔新訳版〕』
朗読:永野善一

・2021年5月
カズオ・イシグロ『夜想曲集』
朗読:佐々木健

そのほか、フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』やスティーグ・ラーソン《ミレニアム》シリーズの音声化の予定も。どうぞご期待ください。

第1弾作品『日の名残り』
配信開始日:2020年12月21日(月)
価格:1,320円(税込)
配信時間:約10時間38分
作者:カズオ・イシグロ/著、土屋政雄/訳
朗読:宮本充
出版社:早川書房
制作元:オトバンク
配信元:オーディオブック配信サービス「audiobook.jp
配信URL:https://audiobook.jp/product/260392
*YouTubeでの試し聴きもあります。

ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
33
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/