新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

SFM特集:コロナ禍のいま⑥ 野尻抱介「地球は静止しない。止まるのは人類だ」

新型コロナウイルスが感染を拡大している情勢を鑑み、史上初めて、刊行を延期したSFマガジン6月号。同号に掲載予定だった、SF作家によるエッセイ特集「コロナ禍のいま」をnoteにて先行公開いたします。本日は飛浩隆さん、野尻抱介さんのエッセイを公開。2名ずつ、毎日更新です。

―――――――

 嬉しいねえ。気分はもうシンギュラリティだよ。シンギュラリティの定義や想定はいろいろあるけど、要するに「人間が邪魔になる時代」だ。今回のパンデミックも人間が邪魔で、とにかく家にいてくれという要請だから、やることは同じだ。
 やってみたらテレワークで結構いけるじゃないか。ZoomもVRchatもタイムラグがなくて快適だし、バ美肉もいいことずくめだ。芸能界もバーチャルでいいじゃないか。私は13年前から初音ミクの大ファンなんだが、ライブで飛び跳ねるより、おうちのPCで眺めるほうが好きだ。
 ベーシックインカムも大勢が望むようになったし、予算的にはできそうじゃないか。中央銀行はじゃんじゃん紙幣を刷ろう。あくせく働かなきゃいけない人なんて実はそんなにいない。農業はロボットでいけるし、配達はドローンでやれるし、これだけ道がすいていたら自動運転車も楽勝じゃないか。
 大事なことだから二度言うけど、もう「人間が邪魔になる時代」なんだ。有機知性は無機知性への過渡的段階にすぎない――と豊田有恒も書いてる。人間の99%はひきこもり推奨。これで地球温暖化も解決する。ごく少数の頭のいい人は大規模汎用AIと人工生命を開発して、宇宙に適応できる、地球文明の真の担い手をクリエイトしてくれたらいい。

―――――――

野尻抱介(のじり・ほうすけ)
1961年三重県生まれ。計測制御・CADプログラマー、ゲームデザイナーを経て、1992年、ゲーム「クレギオン」の設定をもとにした『ヴェイスの盲点』(ハヤカワ文庫JA)で作家デビュー。以後、『クレギオン』『ロケットガール』の両シリーズで人気を博す。2002年に上梓した『太陽の簒奪者』(ハヤカワ文庫JA)は新時代の宇宙SFとして絶賛を浴び、短篇版に続いて星雲賞を受賞、「ベストSF2002」国内篇第1位を獲得した。


ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
54
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワSF
ハヤカワSF
  • 269本

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。