見出し画像

【入場無料】酒井洋子講演会「ニール・サイモンとわたし」3/29明治記念館

「おかしな二人」「サンシャイン・ボーイズ」「ヨンカーズ物語」「ジンジャーブレッド・レディ」などで知られるブロードウェイを代表する劇作家ニール・サイモン。昨年亡くなったこの不世出の作家の作品の魅力や人柄を、長年演出や翻訳を手がけ、個人的にも親交があった酒井洋子氏が語る講演会「ニール・サイモンとわたし」を開催いたします。
入場は無料。下記の要領でご応募のうえ、是非ご来場ください。

酒井洋子(さかい・ようこ)
翻訳家、演出家。1941年、東京都生まれ。日本女子大学英文学科卒業。ハワイ大学イースト・ウェスト・センター大学院演劇科修士課程修了。1984年紀伊國屋演劇賞個人賞、2004年湯浅芳子賞を受賞。主な訳書に『ニール・サイモン戯曲集Ⅰ~Ⅵ』(共訳)、『書いては書き直し』、『第二幕』、『ダイアン・キートン自伝: あの時をもう一度』(すべて早川書房)など。近年の舞台翻訳に「十二人の怒れる男たち」、文学座「セールスマンの死」など。

ニール・サイモン [1927-2018] (wikipedia / public domain)

演題 「ニール・サイモンとわたし」
日時 3月29日(金)16時00分~17時00分(15時半開場)
場所 明治記念館 千歳の間
定員 100名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
参加費 無料、ただし入場の際には聴講券が必要です。
主催 株式会社 早川書房/公益財団法人 早川清文学振興財団

【聴講券申込方法】
郵便番号、住所、氏名、年齢を明記のうえ、メールまたは葉書にてお申し込みください。応募者多数の場合は抽選とし、聴講券の発送をもって当選者の発表にかえさせていただきます。
※ご応募はお一人様一通に限らせていただきます。
※ご応募に際して頂いた個人情報は、当講演会の聴講券の発送以外の用途には一切使用いたしません。

【宛先】
1. メールの場合
lecture2019@hayakawa-online.co.jp
(件名に「酒井洋子講演会聴講希望」とご記入ください)

2.葉書の場合
〒101-0046 東京都千代田区神田多町2-2
早川書房「酒井洋子講演会」係

【締切】
メールの場合は3月10日(日)午後5時まで
葉書の場合は3月7日(木)消印有効とします。

【備考】
早川書房からは以下の関連書籍を販売中。(以下、書名/書影をクリックするとAmazonページにジャンプします)

(1)悲劇喜劇2019年1月号 特集=ニール・サイモン


(2)ニール・サイモンⅠ おかしな二人 (ハヤカワ演劇文庫) 酒井洋子訳


(3)ニール・サイモンⅡ サンシャイン・ボーイズ (ハヤカワ演劇文庫) 酒井洋子訳


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
6

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

悲劇喜劇

演劇雑誌:悲劇喜劇
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。