見出し画像

黒猫シリーズの著者が、故郷・浜松を舞台に描く感動の連作ミステリ――森晶麿『探偵は絵にならない』

今週2月20日に発売になる森晶麿『探偵は絵にならない』の書影、内容、そして早くも書店員さんからよせられた熱い感想をご紹介します。

探偵は絵にならない_帯

『探偵は絵にならない』森晶麿
カバーデザイン:岡本歌織 カバーイラスト:くっか

【内容紹介】若くして評価を受けるも、すでに失業気味の画家・濱松蒼(はままつ・あお)。同棲していたフオンも「あなたの匂い(アロマ)が消えた」と言い残して家を出て行ってしまう。
 フオンを追いかけ二人の出身地・浜松に戻った蒼は、腐れ縁の友人でありアロマテラピストの小吹蘭都(おぶき・らんと)の住居兼店舗に転がり込み、当座の仕事とフオンの行方を探す。
 だが蒼に持ち込まれるのは奇妙な依頼ばかりで……浜松まつり直前の故郷で、蒼は大切なものを取りもどすことができるのか?

■浜松の書店員さんから、早くも反響続々!

知っている地名というよりも、頭の中で明確に場所を想像できる場面が多く、とても臨場感を持って読むことができました。
ドキドキや笑い、そしてちょっとジーンとくるところもあり……
静岡県民・浜松市民にとってはたまらない、最高の浜松応援小説!
(谷島屋書店 野尻 真さん)

軽快なストーリー、重厚な人間ドラマ。
ラストの浜松まつりを通しての主人公の思いに
魂が震え、感動しました。
これは、間違いなく傑作です。
(BOOKアマノアクト北店 中村勇太氏さん)

■浜松のこんな場所が登場します。

地図最終版

刊行までもう少し! 楽しみにお待ちください。

探偵は絵にならない

『探偵は絵にならない』森晶麿
カバーデザイン:岡本歌織 カバーイラスト:くっか

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
29
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/