_炎と怒り_新バナー縁なし

トランプ陣営は大統領選に勝つつもりはなかった!? ただ1人の男を除いては……。衝撃のベストセラー『炎と怒り』より、第1章を先行公開〔前半〕

ジャーナリスト・神保哲生氏による『炎と怒り』の解説はこちらから!

アメリカでは早くも170万部を突破した大ベストセラー、マイケル・ウォルフ炎と怒り――トランプ政権の内幕(原題 Fire and Fury: Inside the Trump White House)。

2月下旬の邦訳版刊行に先がけ、第1章全文を先行公開いたします(全2回)。

1 大統領選当日

2016年11月6日の午後、ケリーアン・コンウェイはトランプ・タワーにあるガラス張りのオフィスに腰を落ち着けた。コンウェイはトランプ陣営の選挙対策本部長であり、トランプ劇場の中心人物、いわば主演女優である。選挙戦が終盤を迎える直前まで、トランプ陣営には投げやりなムードが漂っていた。右派的なスローガンを掲げたポスターが飾られていることを除けば、まるでどこかの企業のバックオフィスといった雰囲気だ。

惨敗とまではいかずとも、完全なる敗北を喫するだろう。そんな状況であるにもかかわらず、コンウェイは驚くほど生き生きとしていた。ドナルド・トランプは選挙に負ける。それは間違いない。だが、おそらく票差は6ポイント以内におさまるはずだ。それなら実質的には〝勝利〟といっても過言ではない。コンウェイは、迫りくる敗北そのものについては気にしていなかった。責任は自分にではなく、ラインス・プリーバスにあるのだ。

その日、コンウェイはほぼ1日じゅう政界の友人や支援者に電話をし、プリーバスを非難しつづけた。そのなかには、これまでにコネを築いてきたテレビプロデューサーやニュースキャスターも含まれていた。彼女はこの数週間、メディア関係者に向けてよく会見をしていた。その機会を利用しては、選挙が終わったらテレビに出る仕事をしたいという意思も伝えていた。8月の半ばにトランプ陣営に参加してからというもの、コンウェイはメディアの人間に周到に取り入り、トランプ陣営の頼もしき女闘士として頭角を現してきた。貼り付いたような笑みを浮かべながら、冷静沈着ななかにもどこか脆さを感じさせるコンウェイのキャラクターは、絶妙にテレビ向きだった。

トランプ陣営はとんでもない失態をたくさんしでかしてきたが、コンウェイにいわせれば、それにも増して由々しき問題はまったく手に負えない悪魔の存在だった。すなわち、プリーバス率いる共和党全国委員会(RNC)である。プリーバスの脇に控えるのは、三二歳の側近ケイティ・ウォルシュと広報部長のショーン・スパイサー。実態は共和党のお偉方の手駒にすぎないRNCは、トランプを全面支援するどころか、初夏にトランプが大統領候補に指名されて以来、一貫して日和見的な姿勢をとりつづけてきた。トランプがまさに支援を必要としていたときに、それに応えようとしなかったのだ。

それは、コンウェイにとって大いなる見込み違いだった。だがその後、さらに思いがけないことに、あらゆる逆境にもかかわらずトランプ陣営が奈落の底からじりじりと這い上がりはじめたのである。トランプの選対本部は、自分たちが担ぎあげた人物が近代政治史上最悪の大統領候補とみなされ(トランプの名前を耳にするたび、コンウェイは白目をむくまねか死んだような目つきをしてみせたものだ)、深刻な資金不足に苦しんでいるにしては、驚くほどよくやっていた。コンウェイは、これまで全国規模の選挙に関わった経験がなく、トランプ陣営に加わる前はしがない世論調査会社の経営者にすぎなかった。だが、この選挙戦が終わるころにはケーブルニュース界の保守派の顔になっていることだろう。彼女自身はすっかりそう思い込んでいた。

実際に1、2週間前から、トランプ陣営の世論調査メンバーであるジョン・マクラフリンは、これまで悲惨な結果を出していたいくつかの重要州でもトランプ有利の動きを示す数字が見られる、という報告を上げるようになっていた。とはいえ、コンウェイにしてもトランプ本人にしても、そしてまた、娘婿にして有能なるトランプ陣営の事実上の長であり、トランプ家の一員として選挙の監視役にあたったジャレッド・クシュナーにしても、結末の見立てに関してはけっしてぶれることがなかった。誰もが、このような予想外の冒険もじきに終わるだろうと考えていたのだ。

ただ一人、スティーヴ・バノンだけが、持ち前の斜に構えた態度で、数字はこちらに味方するだろうと主張していた。とはいえ、ほかならぬバノン(イカレた【クレイジー】スティーヴ)の見解とあっては、鵜呑みにするわけにはいかなかった。

この期に及んでも、トランプ陣営はきわめてつつましい規模の集団であり、そこにいるほぼ全員が、自分たちは事態を正しく把握していると考えていた。政界のどんな集団よりも現実的な見通しを持っているという自信が彼らにはあった。それは、暗黙の了解とでもいうべきものだった──ドナルド・トランプは大統領にはならないだろう。いや、おそらくそもそもなるべきではないのだ。そして、都合のいいことに、ならないことに確信があったため、なるべきではないという点についてまでは深く考える必要がなかった。

選挙戦は終わりに近づいていたが、トランプ自身は楽天的だった。〝ビリー・ブッシュ・テープ〟の流出とそれに続く大騒動のなかで、RNCは厚かましくも大統領候補の座から下りるようトランプに圧力をかけてきた。だが、彼はこれをうまくやりすごした。一方、投票日まであと11日というタイミングで、なぜかFBI長官のジェームズ・コミーがヒラリー・クリントンのメール問題〔国務長官在任時、私用のメールアカウントを公務に使っていた問題〕に関する調査の再開を宣言し、ヒラリーを崖っぷちに追いやった。これによって、クリントン陣営が地滑り的な大勝利を収めることは避けられそうだ。

「私は世界で最も有名な男になるだろう」選挙戦が始まったころ、トランプは、それまで重用したり遠ざけたりを繰り返していた因縁の側近、サム・ナンバーグに向かってそう言った。

「ところで、大統領になりたいんですか?」とナンバーグはトランプに尋ねた(普通なら「なぜ大統領になりたいのですか?」と問うところだが、それとはずいぶんとニュアンスの違う質問だった)。トランプからの返事はなかった。

つまるところ、返事など必要なかったのだ。なぜなら、トランプが大統領になるわけがないからだ。

トランプの長年の友人、ロジャー・エイルズは、テレビ業界で仕事をしたければまず大統領に立候補すればいい、とよく言っていた。そんなエイルズに背中を押され、トランプは、いまや自身が経営する放送局、トランプ・ネットワークの構想をあちこちで語っていた。未来はどこまでも明るかった。

この選挙が終わるころには、自分のブランド価値はますます高まり無限のチャンスが広がっているだろう、とトランプはエイルズに請け合った。「思っていたよりずっとデカい話になってきたぞ」投開票日を翌週に控えたある日、トランプはエイルズにそう語っている。「負けるなんて考えなくていい。選挙に負けたとしても、実質的には勝ったようなものだからな」さらに、トランプは負けたときのスピーチまで用意しはじめていた──「こんなのは不正だ!」。

ドナルド・トランプと彼のささやかな戦士たちは、このように〝炎と怒り〟をもって敗北する準備を進めていた。よもや、勝つなどとは思っていなかったの
である。

***

政治の世界では誰かが敗者となるのが定めだが、自分の勝利を信じない者はいない。勝つと信じていなければ勝利を収めることなどできない。しかし、トランプの場合は違っていた。

トランプにとって、自分の陣営の特徴は、やることなすことうまく行かず参加者全員が負け組であることだった。彼はまた、クリントン陣営が輝かしい勝ち組の集団であることもわかっていた。「あっちは精鋭ぞろい、こっちはうすのろぞろい」とトランプはよく言っていた。選挙運動で移動するための飛行機のなかでも、しばしばトランプの嵐のような罵詈雑言が響きわたった。トランプの取り巻きは全員〝能なし〟だからだ。

トランプ陣営で初代の選対本部長を務めたコーリー・ルワンドウスキも、トランプからしょっちゅう罵倒され、何カ月間も「最低の能なし野郎」と呼ばれつづけていた。2016年6月、ルワンドウスキはついに選対本部をクビになる。にもかかわらず、ルワンドウスキが去ったせいでもう選挙戦はおしまいだ、とトランプは言っていた。「俺たちはみんな負け犬さ。うちのスタッフときたらひどいもんだ。誰一人、自分が何をしているのかわかっちゃいない……ほんと、コーリーには戻ってきてほしいよ」二代目の選対本部長、ポール・マナフォートも、早々にトランプを失望させることになる。

8月には、クリントンに一二~一七ポイントの差をつけられ、毎日のようにマスコミの容赦ない攻撃にさらされていたトランプは、妄想ですら勝利へのシナリオを思い描けないありさまだった。そんな状況のトランプは持ち前の才覚で、いわば負け戦を売り渡した。テッド・クルーズ上院議員の支持者であった右派の億万長者、ボブ・マーサーが、500万ドルの寄付金とともにトランプ支持に鞍替えしたのだ。選挙戦の見通しが暗いと見たマーサーと娘のレベッカは、ロングアイランドの地所からヘリコプターを飛ばしてトランプの政治資金パーティーへと向かった(献金をしてくれそうな他の連中は、もはやそんなパーティーには近づこうとしなかった)。パーティー会場は、ニューヨーク・ジェッツ〔アメリカン・フットボールチームの一つ〕のオーナーにしてジョンソン・エンド・ジョンソンの創業一家の御曹司であるウッディ・ジョンソンの、ハンプトンズにある夏の別荘だった。

それまでトランプは、マーサー父娘とはほとんど付き合いがなかった。父親のボブとは何度か言葉を交わしたことはあるものの、相手は素っ気ない言葉しか口にしない男である。娘のレベッカ・マーサーにいたっては、一度トランプ・タワーで一緒に自撮りした程度の関係だった。しかし、父娘が選挙運動を引き受けると申し出て、さらに彼らの副官であるスティーヴ・バノンとケリーアン・コンウェイを陣営に引き入れるよう提案したとき、トランプは断らなかった。そんな物好きもいるんだなと口にしただけだった。そして、マーサー父娘にこう漏らしたという。「この選挙はもう、めちゃくちゃなんだ」

選挙予想に関する主だった指標はどれも、バノンいうところの〝死に体選挙〟について、〝破局〟といった言葉を超えるほどの暗い影を落としていた。敗北はもはや必至だった。

億万長者、いや百億万長者を自任するこの大統領候補は、選挙運動に私費を投じようともしなかった。バノンはジャレッド・クシュナー(バノンが陣営に参加したときは、トランプ陣営の敵である音楽・映画プロデューサーのデイヴィッド・ゲフィンとともに、夫婦そろってクロアチアでバカンス中だった)に、投票日まで持ちこたえるには九月の最初の討論会のあとにさらに5000万ドルが必要だ、と訴えていた。

「勝利が確約されないかぎり、彼から5000万ドルも引き出すなんて無理です」と状況を見通しているクシュナーは言った。

「2500万ドルでは?」バノンはたたみかけた。

「十中八九勝てる、といえるならなんとか」

結局、トランプは選挙活動に1000万ドルだけ貸し出すことになったが、それもトランプ陣営が別口から調達することができればすぐに返済させるという条件付きでの話だった(財務責任者だったスティーヴ・ムニューシンは、トランプが都合よく送金を忘れたりしないよう、すぐに電信送金できる手はずを整えてその資金を回収した)。

実際、選挙活動の実態もなきに等しかった。まともな選対組織など存在していない。たとえ存在していたとしても、ほとんど機能しているとはいえなかった。ごく初期に事実上の選対本部長を務めていたロジャー・ストーンも陣営から去っていった。この件については、トランプもストーンも自分から手を切ったのだと言い張っている。トランプの側近でありストーンの部下でもあったサム・ナンバーグは、ルワンドウスキによってばたばたと追い出された。その後、トランプはさらに追い打ちをかけるようにナンバーグを訴える〔守秘義務を破り、ルワンドウスキの不倫スキャンダルをリークしたため〕。するとナンバーグは法廷で、ルワンドウスキと、イヴァンカが陣営に送り込んだ広報担当のホープ・ヒックスが不倫関係にあると証言し、渦中の二人は公衆の面前で痴話喧嘩を繰り広げるはめになる。誰がどう見ても、選対本部は何かに勝つための組織などではなかったのだ。

トランプが一六人もの共和党候補を引きずり下ろしたこと自体はたしかにすばらしい偉業に見える。だが、大統領選に勝つという究極的なゴールは依然、馬鹿げた妄想でしかなかった。

たとえ、秋のあいだに勝利がほんの少し現実味を帯びてきたとしても、すべては〝ビリー・ブッシュ事件〟で消し飛んでしまった。「美人には無条件で惹きつけられる……気づけばキスしているんだ」トランプがマイクをオンにしたまま、NBC〔米国の三大放送ネットワークの一つ〕の司会者、ビリー・ブッシュに向かってそう語ったのだ。折しも、セクシャルハラスメントについて全国的な議論が起きている最中でのことだ(発言が録音されたのは2005年。2016年10月にワシントン・ポスト紙がこのテープを公開した)。「磁石のようなものさ。ただキスする。待つ必要もない。こちらがスターなら向こうもやらせてくれる。何だってできる……あそこ【プッシー】をわしづかみにすることもね。何をしても許されるんだ」

この一件で、すべてがドラマチックなほど無に帰した。RNC委員長のラインス・プリーバスは、トランプ・タワーでの緊急ミーティングのためにワシントンからニューヨークに呼び出されたが、この展開のあまりの破廉恥(は れん ち)さに憤慨して、ペンシルベニア駅の外に出ようとしなかった。トランプ陣営は2時間かけてプリーバスを説得し、トランプ・タワーまで移動させた。

「なあ」困り果てたバノンは、電話口でプリーバスをなだめすかした。「今日を最後に君とは二度と会うことはないかもしれないが、少なくとも今日だけはここに来て、けりをつけていくべきだと思う」


(続く)
後半はこちら

(書影はAmazonにリンクしています)

マイケル・ウォルフ炎と怒り――トランプ政権の内幕(関根光宏・藤田美菜子・他訳、本体1,800円+税)は、早川書房より2月23日(金)に発売予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
4

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

ハヤカワ・ノンフィクション

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。