見出し画像

異星種族との死闘! ダニエル・アレンソン『地球防衛戦線3 スカム皇帝殺戮指令』2020年10月15日刊行!〈地球防衛戦線〉3部作完結

2020年10月15日に、ダニエル・アレンソンの『地球防衛戦線3 スカム皇帝殺戮指令』が刊行されます。

幼いころ目の前で異形の異星生物スカムに母親を惨殺された少年マーコも、新兵のための訓練キャンプを終え(第1巻)、鉱山衛星コーパスでの死闘を経て(第2巻)、ついに敵の本拠惑星でスカムの皇帝を追い詰めるまでに成長しました!

3部作完結篇である本書では、これまでの地上、地中でのスカムとの激烈な戦闘だけでなく、十万隻の人類連合艦隊とそれを迎え撃つスカムの巨大戦闘艦隊との壮絶な艦隊戦も描かれ、戦争SFファンにはこたえられない作品になっています。
読みどころ満載の最終巻を、ぜひご堪能ください。

地球防衛戦線3

『地球防衛戦線3 スカム皇帝殺戮指令』
ダニエル・アレンソン 金子浩訳
カバーイラスト/加藤直之 カバーデザイン/WoderWorkz
ハヤカワ文庫SF 2303
本体1,320円+税
2020年10月15日発売

あらすじ
鉱山衛星コーパスの巣を壊滅させ、スカムの女王と王を殲滅したマーコたちは、人類防衛軍の前線基地ナイトウォールに到着した。だが、コーパスの巣を破壊されたスカムはその報復として地球を襲い、カナダのバンクーバーを壊滅させたのだ!
これにより、人類対スカムは最終戦争へと突入する。スカムの母星アバドンを総攻撃すべく、十万隻からなる人類史上最大の大艦隊が五百光年離れた敵本拠惑星をめざす。ハイパースペースを航行中、スカムのポッドの大軍が襲来、艦隊は艦船の四分の一を失い、二百万人が戦死するという大打撃を受けるが、ついに……怒涛の戦争SF3部作、堂々完結!

***

既刊はこちらをどうぞ。
※書影等はAmazonにリンクしています。

地球防衛戦線1

『地球防衛戦線1 スカム襲来』

地球防衛戦線2

『地球防衛戦線2 アゾス鉱山救出作戦』

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
15
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワSF
ハヤカワSF
  • 282本

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。