東出昌大 初執筆!  休日の愉しみ、寄席での一日

「寄席ぇ来たら“古典芸能”を鑑賞しようなんて思わない方が良い。ここは普段お疲れの皆様方が頭を休めるところですから。ボーッとしてる間に終わって、何だったか分かんない内に帰る。それが一番いいんですよ」

 寄席について、私の敬愛する噺家、三代目古今亭志ん朝は噺の枕でこう語る。

 今回は、寄席に行かれた事の無い方にむけて、私なりに魅力を紹介できたらと思い、慣れない筆をとった。

 ちょうど、先日寄席デビューの友人Aを連れて演芸場に行った。その日を時系列に沿って振り返りながら、空気感を感じて頂けると幸いです。

 寄席なんて、そんな難しいところじゃない。

 志ん朝の言葉を借り、是非、「ボーッとしながら」読んで頂きたい。

 十一時三十分、上野駅不忍口改札前で待ち合わせ。

 少し早く着いたので、駅ビルの中の「みはし」であんみつを二つ買っておく。酒をあまり飲まないAは、喜んでくれるだろうか。

 少し遅れて合流したAは、満面の笑みで立っていた。

――続きは、2016年11月号『悲劇喜劇』連載エッセー OFF-OFF悲劇喜劇誌面でお楽しみ下さい。

http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013363/

特集「落語と演劇」の最新号『悲劇喜劇2017年1月号』はこちらから

http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013418/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
6

悲劇喜劇

演劇雑誌:悲劇喜劇

コメント1件

こんにちは。初めまして。
恐れ入ります…東出さんが書いたエッセイって調べたんですがタイトルが分からなくて何もヒットしないのです。タイトル教えて頂けませんでしょうか?どうぞ宜しくお願いします。🙏
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。