見出し画像

【書影初公開】「こんな小説読んだことない」発売前から大反響! 間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』【3月6日発売】

「心の奥深くに刺さった」との声多数! 発売前から大反響の小説、間宮改衣『ここはすべての夜明けまえ』3月6日(水)に発売します。 本記事では待望の書影を解禁&書店員さんから届いた熱いご感想の一部を特別公開!

装幀:名久井直子/装画:北澤平祐

「ちょっと信じられないような小説に出逢ってしまった」

SFマガジン編集長の溝口力丸が一読して衝撃を受け、「少しでも多くの方に読んでもらいたい!」『SFマガジン』2024年2月号への全文掲載を決定&早川書房公式X(旧Twitter)で書店員向けゲラ読み募集を開始
SNSを見た方々から「気になる」「ぜひこれは読みたい!」と話題が沸騰、現在までに200名を超える書店員さんにゲラをお読みいただきました。

3月6日の発売まで約1か月。
『ここはすべての夜明けまえ』の発売を楽しみにお待ちください!

◆あらすじ

2123年10月1日、九州の山奥の小さな家に1人住む、おしゃべりが大好きな「わたし」は、これまでの人生と家族について振り返るため、自己流で家族史を書き始める。それは約100年前、身体が永遠に老化しなくなる手術を受けるときに父親から提案されたことだった。

『SFマガジン』2024年2月号 扉絵

ひらがなの多い独特の文体で語られる「わたし」の家族史。終わりかけた2123年の世界から約100年前を回想して描かれるのは、私たちの生活に突き刺さる「現代日本」の物語です。家族やジェンダーの問題を切実に描きながら、「アスノヨゾラ哨戒班」(Orangestar)棋士・永瀬拓矢さんのエピソードも登場。ボーカロイド好きの方将棋が好きな方にも注目の物語です。

◆書店員さんから熱い感想が続々!

「これまでSFを読んでこなかった」という書店員さんにも、「SF小説が大好き!」という書店員さんにも、「ぶっ刺さって」います! 多数の方々から熱いご感想が届いていますが、本記事ではその一部をご紹介します。

●丸善ヒルズウォーク徳重店・熊谷由佳さん
はじめて『アルジャーノンに花束を』に出会った時のような、『虐殺器官』を読んだ時のような、新しい文学の誕生に立ち会ったという思いがあります。

●丸善ジュンク堂書店 営業本部・川合雄高さん
ぶっ刺さった。読んで爆売れを確信したのは初めて。この本とんでもなく売れますよ、絶対に。

●くまざわ書店阿倍野店・山中津加紗さん
まだ2024年は始まったばかりなのに、今年のナンバーワンが私の中で決まってしまったかもしれない。どうしよう。噓みたいな、信じられない読書体験だった。

●水嶋書房くずはモール店・井上 恵さん
SF小説でありながら芥川賞作品のように文学的に思えました。

●内田 剛さん(ブックジャーナリスト)
令和という時代が生み出した新たな「古典」!!  これは絶対AIには生み出せない文学世界でしょう。

●ブックスタジオエキマルシェ新大阪店・森 茜さん
もう一回記憶全消去で送ってもらった封筒を開けるところからやり直したいです。

●くまざわ書店新鎌ヶ谷店・武藤湧大さん
百年後もきっとこの小説は人々に読まれ続けているだろう。

◆装幀・装画

装画は『水車小屋のネネ』(津村記久子/毎日新聞出版)や『嚙み合わない会話とある過去について』(辻村深月/講談社)などを手掛けている北澤平祐さん。装幀は『黄色い家』(川上未映子/中央公論新社)、『スピノザの診察室』(夏川草介/水鈴社)などを手掛けている名久井直子さん。
鮮やかな色彩のなかに真っ白な人物が佇む装画と、特徴的な本文をあしらったカバーが、本書の魅力を伝えます。

カバー全体

◆著者略歴

間宮改衣(まみや・かい)
1992 年、大分県大分市出身。本作『ここはすべての夜明けまえ』にて第11 回ハヤカワSF コンテスト特別賞を受賞し、デビュー。

◆書誌情報

タイトル:『ここはすべての夜明けまえ』
著者名:間宮改衣(まみや・かい)
発売日:2024年3月6日
価格:1,430円(税込)
体裁:四六判上製・128ページ
ISBN:978-4-15-210314-7
発行元:早川書房

【ご予約はこちらから!】

<オンライン書店>
Amazon
楽天ブックス
honto
紀伊國屋書店
e-hon
セブンネットショッピング

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!