悲劇喜劇 22年1月号 三木のり平特集に、戯曲3本収録した増大号(12月7日発売)!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

悲劇喜劇 22年1月号 三木のり平特集に、戯曲3本収録した増大号(12月7日発売)!

12月7日発売の『悲劇喜劇』1月号は、三木のり平特集に、戯曲『もしも命が描けたら』(鈴木おさむ)、『彼女を笑う人がいても』(瀬戸山美咲)、『hana1970‐コザが燃えた日』(畑澤聖悟)を収録した増大号です!

アチャラカ喜劇から東宝ミュージカル、「放浪記」の演出、別役実作品まで、三木のり平は演劇史に確かな足跡を残しました。令和の今だからこそ三木のり平を見つめ直すことで、ある喜劇俳優の芸を検証するのみならず、昭和の演劇史の一面を明らかにできるのではないか。三木のり平の個人的なエピソードや、様々な執筆陣による論考から、三木のり平の生きた時代を眺めながら、現代に受け継がれる「喜劇」の水脈を探し当てるような特集になればと願っています。


目次

特集=三木のり平 芸の鬼

矜持と含羞 矢野誠一

哀愁の喜劇人を愛す ケラリーノ・サンドロヴィッチ 聞き手=内田洋一 

のり平先生、もういない 水谷八重子 

のり平先生のこと 寺田農
 
正月二日の客 横澤祐一 

ずっと前からやってます 横内謙介

のり平さんと別役さん 林次樹 

商業演劇のなかの三木のり平 神山彰 

映える〈顔〉──テレビドラマの三木のり平 木原圭翔 

桃屋ののり平はCMの原点である 高野光平 

父から知った藝の神髄 小林のり一×矢野誠一 

再録
  一九九三年の邂逅 五代目中村勘九郎×三木のり平 聞き手=小田豊二 

  フェイントのかかった存在感 別役実 

■連載
愛しき面倒な演劇人 名プロデューサーが明かす知られざる素顔 中根公夫 

シーン・チェンジズ 長谷部浩の演劇夜話 長谷部浩 

■エッセイ
OFF―OFF悲劇喜劇 平埜生成 

私の衣・食・遊・住 木下晴香 
   
「コロナ禍」での『玄朴と長英』上演現場からの報告 嵐圭史 


『もしも命が描けたら』掲載に寄せて
月人と田中圭 鈴木おさむ 

■戯曲
『もしも命が描けたら』 鈴木おさむ 


『彼女を笑う人がいても』 瀬戸山美咲 


『hana1970‐コザが燃えた日』 畑澤聖悟 


■演劇時評 

みなもとごろう・祐成秀樹(第一回)
 
東京芸術劇場『Le Fils 息子』
ケムリ研究室『砂の女』
シス・カンパニー『友達』
十月新派特別公演
ホリプロ『オリバー!』
KAAT神奈川芸術劇場『近松心中物語』
文学座『熱海殺人事件』
KAKUTA『或る、ノライヌ』
猫のホテル『ピンク』
名取事務所『灯に佇む』

■第9回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞のお知らせ


ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/