星雲賞

【第49回星雲賞】全16作、早川書房の参考候補作ノミネート一覧

日本SF大会に参加するファン投票によって決まるSF賞、星雲賞の参考候補作が発表されました。早川書房からは今年は下記16作品がノミネート。投票は5月13日(日)まで、7月21日(土)の日本SF大会内での発表を予定とのこと。
SFファンがいま最も注目する作品たち、この機会にぜひお楽しみください。
(作品の順番:サイト掲載順)


2018年 第49回星雲賞 参考候補作一覧

【日本長編部門】
『構造素子』樋口恭介


『ゲームの王国(上・下)』 小川哲 


『プラスチックの恋人』 山本弘 


【日本短編部門】
「軌道の環」藤井太洋 (ハヤカワ文庫JA『公正的戦闘規範』 収録)


「エヴォリューションがーるず」 草野原々 (電子書籍・ハヤカワ文庫JA『最後にして最初のアイドル』収録)


「翼の折れた金魚」澤村伊智 (〈SFマガジン2017年10月号〉収録)


「雲南省スー族におけるVR技術の使用例」柴田勝家 (ハヤカワ文庫JA『伊藤計劃トリビュート2』収録) 


「天岩戸」草上仁 (〈S-Fマガジン〉2017年12月号 収録)


【海外長編部門】
『隣接界』 クリストファー・プリースト  古沢嘉通/幹遙子訳 新☆ハヤカワ・SF・シリーズ


『書架の探偵』ジーン・ウルフ  酒井昭伸訳  新☆ハヤカワ・SF・シリーズ


【海外短編部門】

「新入りは定時に帰れない」 デイヴィッド・エリック・ネルスン 鈴木潤訳(〈SFマガジン〉2017年2月号 収録)


「折りたたみ北京」郝景芳 大谷真弓訳  (〈SFマガジン〉 2017年6月号、『折りたたみ北京』収録)


「上級読者のための比較認知科学絵本」 ケン・リュウ 市田泉訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』収録) 
「草を結びて環を銜えん」ケン・リュウ 古沢嘉通訳(新☆ハヤカワ・SF・シリーズ『母の記憶に』収録) 

【ノンフィクション部門】
『SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録』 著・編:大森 望 著:東浩紀、長谷敏司 、冲方丁、藤井太洋、宮内悠介、法月綸太郎、新井素子、円城塔、小川一水、山田 正紀 


『ブラックホールで死んでみる(上・下)』 ニール・ドグラース・タイソン 吉田三知世訳 早川書房 ハヤカワ文庫NF


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
10

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

ハヤカワSF

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。