『シリア・サンクション』あの〈暗殺者グレイマン〉の著者が認めた冒険アクション小説の新鋭、ついに登場!
見出し画像

『シリア・サンクション』あの〈暗殺者グレイマン〉の著者が認めた冒険アクション小説の新鋭、ついに登場!

この度、早川書房のハヤカワ文庫NVから期待の新人作家による白熱の冒険アクション小説『シリア・サンクション』11 月17 日に発売です!

〇イントロダクション


『シリア・サンクション』(原題WITHOUT SANCTION)は、アメリカの元軍人(攻撃ヘリ〈アパッチ〉のパイロット)だったドン・ベントレーが2020年に発表したデビュー作。『暗殺者グレイマン』で知られる巨匠マーク・グリーニーが「近年で最も魅力的なデビュー作」と激賞するなど、アクション小説界で超話題となった本作は、内戦で揺れるシリアを舞台に、陰謀とアクションが繰り広げられる大スケールの冒険小説です! 

どうぞ発売をお楽しみに!

〇あらすじ

内戦下のシリアでC I Aチームがテロリストの新型化学兵器の被害に遭い、その兵器を開発した科学者が米国に接触してきた。彼の確保の命令を受けたアメリカ国防情報局のマット・ドレイクは、シリアに潜入し、あらゆる武装勢力との戦いに身を投じることに。さらに大統領選を控えたホワイトハウスで不穏な動きが。米政府の陰謀とシリア内戦、二つの難局にドレイクは満身創痍となりながらも挑む。冒険小説界の巨匠らが絶賛した新鋭のデビュー作。

〇著者紹介


ドン・ベントレー

アメリカ陸軍の攻撃ヘリパイロットを務め、除隊後はFBI特別捜査官などを経て、2020年に本書で小説家としてデビュー。リー・チャイルドやマーク・グリーニーら巨匠から絶賛を浴びた。つづく〈マット・ドレイク〉シリーズ第二作『THE OUTSIDE MAN』は22年に小社より刊行予定。


【書誌情報】

■タイトル:シリア・サンクション
■著訳者:ドン・ベントレー/黒木章人訳 
■定価:1,386円 ■ISBN: 9784150019730
■レーベル:ハヤカワ・ミステリ
※書影等はAmazonにリンクしています。




ありがとうございます!今日のおすすめは『三体』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/