見出し画像

ジェイソン・マシューズ原作「レッド・スパロー」 3月30日いよいよ公開!

今週金曜日(3月30日)に迫った映画「レッド・スパロー」公開を記念して、発売中の「ミステリマガジン」掲載の記事をご紹介します。

 ボリショイ・バレエ団のプリマ、ドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、脚を骨折し、ダンサーとして再起不能になる。

 病気の母を抱えて途方に暮れる彼女を助けたのは、ロシア情報庁幹部の叔父ワーニャ(マティアス・スーナールツ)だった。ワーニャは援助の条件として、彼女をハニートラップ・スパイ「雀(スパロー)」の養成学校に送る。

 頭角を現したドミニカは、CIA捜査官ナッシュ(ジョエル・エガートン)を誘惑し、ロシア内のアメリカとの内通者を聞きだす任務を与えられる。

 だが、ナッシュもまた彼女に罠を仕掛けていた。

 原作を手がけた作家ジェイソン・マシューズは、元CIA局員。

 マシューズによると、本作はストーリーこそフィクションだが、ハニートラップ・スパイスクールはロシアに実在したという。

 過酷な運命に翻弄されまいと足掻くドミニカの闘いは、裏切りと騙し合いに満ちて、往年のスパイ・スリラーを思わせる迫力だ。

 原作とは違う映画版のラストはまた別の味わいで、逆転に次ぐ逆転に最後まで気が抜けない。

 ぜひ映画館に足を運ばれて、原作と共にお楽しみいただきたい。

映画の公式サイトはこちらから

発売中の「ミステリマガジン2018年5月号」には、映画「レッド・スパロー」の監督フランシス・ローレンスのインタヴュー(インタヴュー&文:渡辺麻紀)も掲載!

※書影はアマゾンにリンクしています。

原作『レッド・スパロー(上下)』(ジェイソン・マシューズ/山中朝晶訳)はハヤカワ文庫より発売中!

ありがとうございます!今日のおすすめは『三つ編み』です。
2
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ文庫NV
ハヤカワ文庫NV
  • 33本

冒険小説やスパイスリラー、映画化原作など。ハヤカワ文庫NVの話題作品の解説や、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。