見出し画像

3,000点以上が50%OFF! 早川書房 夏のKindle超ビッグセール【ミステリ・冒険小説】

現在開催中の「早川書房 夏のKindle超ビッグセール」では、早川書房の電子書籍3,000点以上が50%OFF! セール期間は6月25日(火)から7月17日(水)までです。本記事ではセール対象からオススメのミステリ・冒険小説をご紹介します!

夏のKindle超ビッグセール開催中!


まずは、2023年の本屋大賞翻訳小説部門をはじめ、週刊文春ミステリーベスト10 2022年海外部門、ミステリが読みたい! 2023年にて、それぞれ1位を獲得した、クリス・ウィタカー『われら闇より天を見る』です。

アメリカのケープ・ヘイヴン。自称「無法者」の少女ダッチェスと、30年前の事件に囚われた警察署長ウォーク。彼女たちの町に、かつての事件の加害者ヴィンセントが帰ってくる。彼の帰還はかりそめの平穏を乱し、ダッチェスとウォークを巻き込んでいく。そして、新たな悲劇が起こり……。

著者による邦訳最新作『終わりなき夜に少女は』(セール対象外)も好評配信中です。

続いては、マーティン・エドワーズ『処刑台広場の女です。

1930年のロンドン。密室での奇妙な自殺や不可解な焼死が起こる。一連の事件の真犯人は、悪い噂がつきまとう名探偵レイチェル・サヴァナクなのか?  新聞記者のジェイコブ・フリントが暴きだす、彼女の秘密とは――。

7月配信の続篇『モルグ館の客人』(セール対象外)もご注目ください。

M・W・クレイヴン『ストーンサークルの殺人は、イギリス・ミステリ界の最高峰である英国推理作家協会賞最優秀長篇賞を受賞した、人気のシリーズの一作目です。

イギリスのストーンサークルにて、連続する焼死事件。被害者の体には、不祥事を起こして停職中のNCA(国家犯罪対策庁)警官「ワシントン・ポー」の名前がなぜか刻まれていた。身に覚えのないポーは上司の判断で停職を解かれ、捜査に合流することに。そして新たな死体が発見され……。

今回、本作に続く〈ワシントン・ポー〉シリーズも、セール対象です。

アガサ・クリスティーの作品は、どれも知名度の高い作品ばかりです。なかでもそして誰もいなくなったは、幾度となく映画・テレビ・舞台化がされてきています。

ある孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もなく、職業や年齢もさまざまな10人の男女だった。そして、島には招待主の姿はなく、やがて彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が――無気味な童謡の歌詞通りに、1人ずつ殺されてゆく。強烈なサスペンスに彩られた最高傑作。

また、上記作品のほかにポアロ〉シリーズ 〈ミス・マープル〉シリーズ など、多くのクリスティー作品がセールの対象になっています。

現代冒険アクション小説のイチオシは、〈グレイマン〉シリーズのマーク・グリーニーが放つ、衝撃の新シリーズアーマード 生還不能です。

民間軍事会社の警護員ジョシュ・ダフィーは、ベイルートの任務で左脚を失い、鬱屈した日々を送っていた。ある日、かつての同僚との再会から民間軍事会社アーマード・セイントの一員として復帰。メキシコ麻薬紛争の地で、ジョシュはハンディキャップのある身ながら、ひとくせあるメンバーばかりのチームを率いて再び危険な任務に身を投じる。

『暗殺者グレイマン〔新版〕』をはじめとした〈グレイマン〉シリーズもセール対象です。

続いては、国内作家の中からピックアップして、ご紹介いたします。
まずは、2022年には白石和彌監督によって映画化された櫛木理宇『死刑にいたる病です。

鬱屈した大学生活を送る筧井雅也は、ある日希代の連続殺人鬼・榛村大和から面会を求められる一通の手紙が届く。面会先で伝えられたのは「罪は認めるが、最後の一件だけは冤罪だ。それを証明してくれないか?」という大和からの冤罪証明の依頼だった。戸惑いつつ調査する雅也が、辿りついた驚愕の真実とは?

また、同著者の新たなるシリアルキラー・サスペンス『氷の致死量』(セール対象外)もおすすめです。『死刑にいたる病』の読後に、いかがでしょうか。

日本SF大賞と吉川英治文学新人賞を受賞した大河警察小説シリーズの第1作を徹底加筆した完全版、月村了衛『機龍警察〔完全版〕です。

テロや民族紛争の激化に伴い発達した近接戦闘兵器・機甲兵装。新型機〈龍機兵〉(ドラグーン)を導入した警視庁はその搭乗員として、三人の傭兵と契約。警察組織内で孤立しつつも、彼らは機甲兵装による立て籠もり現場へ出動する。だが事件の背後には想像を絶する巨大な闇が広がっていた……。

最後は、本屋大賞をはじめ多数の賞を受賞し、多くのメディアを沸かせた圧巻のデビュー作、逢坂冬馬『同志少女よ、敵を撃てです。

1942年の独ソ戦が激化するなかで、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、急襲したドイツ軍によって突如として奪われた。自らも射殺される寸前、セラフィマは赤軍の女性兵士イリーナに救われる。「戦いたいか、死にたいか」――そう問われた彼女は、女性だけの狙撃小隊に入り復讐を決意する。前線へと向かう中、おびただしい死の果てに、彼女が目にした“真の敵"とは――? 2022年本屋大賞受賞、キノベス! 2022 第1位、第11回アガサ・クリスティー賞大賞受賞作ほか、各メディア媒体で続々紹介。

また、最新作歌われなかった海賊へも今回のセール対象作品です。

その他、早川書房には〈87分署シリーズ〉シリーズや、〈007〉シリーズなど、紹介しきれないほどの多くのミステリ・冒険小説の傑作があります。この機会にお気に入りの一冊を見つけてみてください。

夏のKindle超ビッグセール開催中!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!