見出し画像

【募集を締め切りました】本をめぐる高校生たちの青春と秘密の物語 4月刊 青谷真未『読書嫌いのための図書室案内』

※本企画は募集を締め切りました※
※たくさんのご応募、誠にありがとうございました※

早川書房は2020年4月下旬に、青谷真未氏の読書嫌いのための図書室案内を文庫書き下ろしで刊行します。
『君の嘘と、やさしい死神』『鹿乃江さんの左手』など、主にポプラ文庫で心情を細やかに拾い上げる叙情の名手として作品を発表してきた青谷氏は、今回ハヤカワ文庫初登場です。
刊行前の新作のゲラ(校正刷り)を読んでコメントをお寄せいただける読者の方々を大募集しています!
詳しくは本記事の下部まで!

※※※書店員さんはこちらから※※※

※※下記、読者モニター応募の方向けの記事です※※

■営業担当/編集担当より

「なんで本を読むの?」
たまにそう聞かれることがあります。理由なんてない、ただ好きだから、いろいろな答えが頭の中を駆けめぐるけれど、今まではうまく答えられずにいました。でも、今ではこう言えます。
「この本を読めばわかると思うよ」
本嫌いの主人公は図書新聞づくりを経て、本とどう関わっていくのか。それを追っていくうちに、いつしか読んでいる私たちまで本を好きになっている。私が主人公くらいの年齢の時に読んでいたら、もっと本を好きになっていただろうと思える瑞々しい青春小説です。(営業部N)

第一稿を読んだ時、「本を読む」という行いに対し、これほどまでに背中を押してくれる作品を久々に読んだ!と強く思い、「今まで本を読んできてよかった」という思いでいっぱいになりました。
本嫌いの男子が本好き女子と出会い成長するボーイミーツガールとしても、人の心の秘密にそっと寄り添う青春小説としても、本にまつわる謎をめぐるビブリオものとしても、この物語を楽しんでいただける方は必ずや大勢いらっしゃると考えています。
ぜひ一緒にこの本を応援していただけないでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。(編集部O)

画像1

『読書嫌いのための図書室案内』あらすじ

「私は、物語に何かを期待したいんだと思います」

高校2年生の荒坂浩二はある事件がきっかけで美術部を退部。本嫌いだが特に仕事もなく暇な図書委員会に籍を置いている。ところがやる気に満ちた新任司書から、クラスメイトの本の虫・藤生蛍とともに、十数年前に途絶えた図書新聞の再刊係を任されてしまう。「身近な人のおすすめ本」を紙面の目玉にしようと考えた二人は、クラスメイトや美術部の先輩、生物教師に読書感想文の執筆を依頼。しかし彼らは提出に際しなぜか不可解な条件を出してくる。その謎を解こうとする浩二と蛍だったが、それは先輩や教師の抱える秘密、そして18年前の学校で起きた自殺事件の謎へと繋がり……。本嫌い男子と本好き女子が紡ぐ青春と秘密の物語。

■著者紹介

青谷真未(あおや・まみ)
2012年、第2回ポプラ社小説新人賞〈特別賞〉を受賞した鹿乃江さんの左手でデビュー。著書に、ベストセラー君の嘘と、やさしい死神をはじめ、『ショパンの心臓』『アンドロイドの恋なんて、おとぎ話みたいってあなたは笑う? 』『もうヒグラシの声は聞こえない』他多数。登場人物たちの心情を細やかに拾い上げて物語を紡ぎ、ますます活躍が期待される注目の俊英。

■書誌情報

図1

青谷真未『読書嫌いのための図書室案内』
ハヤカワ文庫JA 本体予価700円+税 
ページ数:300ページ前後(編集中)

画像3

■読者モニター応募詳細

刊行に際し、本書を発売前にいち早くお読みになりたい方を募集いたします。
応募期間は、2020年3月3日(火)~3月9日(月)までとなります。
募集予定人数は20名です。応募者多数の場合は抽選となります。

※ゲラ(校正刷り)版は、最終稿前の原稿のコピーになります。印刷・製本されたものではございませんので、ご了承ください。また、修正前の誤植等がある場合もございます。

≪応募要項≫
〇応募資格
3月12日(木)頃にお送りする『読書嫌いのための図書室案内』のゲラ版をお読みいただき、2020年3月30日(月)までに感想などのコメントをいただける方

〇モニター応募URL
こちらのフォームからお申し込みください。

〇応募期間
2020年3月3日(火)~3月9日(月)

〇募集人数
20名(応募多数の場合は抽選となります)

〇結果発表
当選された方にはご登録いただいたご住所までゲラをお送りさせていただきます。(当選の連絡は発送に代えさせていただきます)

〇コメントについて
コメントは、こちらでご用意させていただくフォームに、2020年3月30日(月)までにご記入ください。

※いただいたコメントは、書店用POPポスター等の小社販促物の他、ホームページおよびTwitterInstagramなどの各種SNSで使用させていただく場合があります。ご了承ください。使用の際にはお名前など個人を特定できる項目は公開しません。

たくさんのご応募、お待ちしております!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
22
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/