見出し画像

【募集を締め切りました】めがねのプリンセスが大冒険『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』【11歳の著者によるエンパワメント絵本】

*募集を締め切りました*
*たくさんのご応募をありがとうございました*

早川書房より2021年10月刊行予定の絵本『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』の読者モニターを募集します。

画像1

原書「Princess Rose and the Golden Glasses」

本書は、めがねをコンプレックスに思うお姫さまが冒険を通してめがねの大切さを知り、めがねをかけた自分を好きになるお話です。
「めがねをかけている」「プリンセスが大好き」「絵本を読むのが好き」という、4~12歳のみなさん。
図書館司書さん、書店員さん、そしてこの本に興味があるみなさん。
ぜひ読者モニターにご応募ください。

●『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』とは

イギリスに住む11歳の女の子 ロウリー・ムーアさんが作った絵本です。
ロウリーさんは赤ちゃんの頃からめがねをかけています。
プリンセスが大好きな彼女は、自分のようにめがねをかけたプリンセスがいないことをさみしく思っていました。
そこで、自分のようにめがねをかけている子のために、めがねをかけたプリンセスの絵本を作りました。
本書には「めがねをかけていてもプリンセスになれる」「美しさはめがねに左右されない」というメッセージが込められています。

くわしい経緯はこちら

●あらすじ

そのむかし、ある国に、ローズというプリンセスがいました。
今日はローズのお誕生日。プレゼントに新しいめがねをもらいました。
でも、うれしくありません。
ローズはめがねをかけていたら本物のプリンセスになれないと思っているのです。
そんなとき、ローズのもとにふしぎな手紙が届きました。
手紙には、手がかりを探して旅をすれば悩みの答えが見つかると書いてあります。
はたしてローズは本物のプリンセスになれるのでしょうか?

●応募の条件

〇応募できるかた
・4歳~12歳のかた
・この本に興味がある大人のかた
※書店員さん、図書館司書さん、学校司書さんなど、子どもの本に関わる大人の方は、別枠で受け付けます。同じフォームからご応募ください。

〇応募の方法
こちらのフォームからご応募ください。

〇応募の期間
2021年7月2日(金)~7月18日(日)

〇募集する人数
10名程度
※たくさんの応募があった場合は、「読者モニターをやってみたい理由」などを参考に抽選をおこないます。

〇結果発表
モニターをおねがいする方には、ご登録いただいたご住所まで絵本をお送りします。絵本は7月22日(木)までにお届けします。
※モニター用にお送りする絵本は簡易製本版です。完成版ではなく、訳文、デザインなど、発売時に変更する可能性がございます。。

〇モニターのみなさんにおねがいすること
・『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』を読んでいただくこと
・アンケートにお答えいただくこと
・アンケートを8月2日(月)までにお送りいただくこと

〇モニターのみなさんにできればお願いしたいこと
・『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』を親子で読んで、その様子を動画に録ってお送りいただくこと
※動画の撮影は必須条件ではありません。アンケートのみのご参加も歓迎いたします。
※お送りいただいた動画は一般には公開いたしません。読者の反応を書店員さんに見せるためにご協力をお願いする次第です。
※動画はお手持ちのスマホやタブレットで撮影いただき、指定のデータ送信用アプリ等を使用してお送りください。詳細は、当選された方にお知らせします。

〇読者モニターにご協力いただくと
ご感想をいただいた方のなかから抽選で3名様に『ローズ姫と黄金のめがね(仮)』の書籍をお贈りします。

みなさんのご応募を楽しみにおまちしています!


ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/