ダーウィンの覗き穴 性的器官はいかに進化したか マンガ版 第6回

連載第6回 005●拒絶される精子たち

たいへんなことになってまいりました! どうやらオスは、自分のちんちんがどれくらいええ仕事をするのか示さないとメスに選んでもらえず、子孫を残せないらしいのです。そしてさらにそこまでしてようやっと交尾できたとしても、メスは信じられないような方法で受精をコントロールすることができるんだそうです。どんだけ自分らの値段吊り上げたら気がすむんかとホント驚きですわ。

第1回はこちら

この続きをみるには

この続き:402文字/画像7枚

ダーウィンの覗き穴 性的器官はいかに進化したか マンガ版 第6回

Hayakawa Books & Magazines(β)

108円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
24

ダーウィンの覗き穴 マンガ版 by日高トモキチ

興味はあるけどちょっと恥ずかしい。そう、みんな、性にまつわる好奇心はけっこうあるのに、おおっぴらにするのはやはり気が引けますよね。でも生殖器(キャッ!)についての研究は、実は進化生物学上の重要なモンダイなのです。 その生命の秘められた箇所に光を当てたのが、メノ・スヒルトハウ...
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。