『円 劉慈欣短篇集』訳者・大森望さんによるちょい見せツイートまとめ
見出し画像

『円 劉慈欣短篇集』訳者・大森望さんによるちょい見せツイートまとめ

いよいよあす『円 劉慈欣短篇集』発売! 本作は『三体』ロスに陥っているみなさまにも、「『三体』に手を出したいけど、勇気が出ない……」なみなさまにも、大いにおすすめしたい短篇集です。劉慈欣の作家歴のほぼ全体をカバーしている本作は、入門篇としても最適。
いったいどんな作品が収録されているのか? 訳者・大森望さんによるちょい見せツイートをまとめました。

「郷村教師」大森望・齊藤正高訳
貧しい村で子どもたちの教育に人生を捧げてきた教師。彼の“最後の授業"が信じられない結果をもたらす……!

「詩雲」大森望・泊功訳
漢詩に魅せられた超高度な異星種属が、李白を超えるべく、あまりにも壮大なプロジェクトを立ち上げる!

「円円(ユエンユエン)のシャボン玉」大森望・齊藤正高訳
円円は幼い頃からシャボン玉が好きだった。大きくなってもその想いは変わることなく……。少女の夢が世界を変える、愛と希望に満ちた物語。

いかがでしょう、読みたい気持ちが止まらなくなってきたのでは……? 本短篇集では上でご紹介した3篇のほか10篇、全13篇を収録。『円 劉慈欣短篇集』はあす、11月17日(水)発売! どうぞお楽しみに!

紙版はこちら▼

電子版はこちら▼


ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/