息吹_noteサムネール

テッド・チャンとの初遭遇――『息吹』訳者・大森望氏の横浜世界SF大会日記

12月4日の発売後即重版が決定した、テッド・チャン17年ぶりの最新作品集『息吹』。訳者の大森望氏は、チャンが初来日を果たした2007年横浜での世界SF大会「Nippon2007」で、ヒューゴー賞贈賞式の司会を務めました。その大森氏が大会会場でチャンと初めて会った際の模様を綴ったエッセイを再録します。

大森氏が会場内で、東浩紀、伊藤計劃、円城塔、桜坂洋、新城カズマ、飛浩隆の各氏と、チャンを囲んであれこれ聞いた伝説の「テッド・チャンを囲む会」と合わせてお読みください。

息吹_帯

※書影はAmazonにリンクしています
【書誌情報】
■書名:息吹
■著者:テッド・チャン
■訳者:大森 望
■発売日:2019年12月4日発売
■価格:本体1900円+税
■判型:四六判上製
■出版社:早川書房

テッド・チャンとの初遭遇――日本開催ワールドコン体験記(抄)

大森 望

 日本で初めて(というかアジアで初めて)開催された世界SF大会、Nippon2007は、おおむねつつがなく終了。開会式で柴野拓美氏が登壇し、超満員のメインホールがスタンディング・オベーションに包まれた瞬間、もうこれで何があってもこの大会は大成功だと確信したんですが、さいわい天候にも恵まれて、日本初のワールドコンとしては出来すぎなくらいうまくいったんじゃないですか。[中略]

 若い頃は、たまにワールドコンに行くと、ティプトリーの名作短篇「そして目覚めると、わたしはこの肌寒い丘にいた」で必死にエイリアンを追いまわす地球人さながら、知ってる海外作家を血眼になって追いかけたもんですが、さすがに今はもうその気力がなく、今回は、たまたま顔を合わせた相手に、「××読みました」「日本はどうですか」と挨拶する程度。ガイナックスの武田康廣氏に社販で買ってもらったヱヴァンゲリヲン浴衣を着てたら、グレゴリイ・ベンフォード氏に呼び止められ、「いいね、その浴衣。どこで買えるの?」と誉められたとか、その程度の収穫(?)しかない。

 唯一の例外が、テッド・チャン氏。外見が日本のSFファン(とくに内田昌之氏)そっくりだったせいか、レセプションで初めて会ったときからすでに他人の気がしない。いきなりグレッグ・イーガンの話から始まって、SF作家で他に誰が好きか訊ねると、「うーん、ジョン・クロウリーとか」という返事。おお、なかなか趣味がいいじゃん。

 クロウリーではどれが一番好き?

「『エンジン・サマー』かな」

 おお、わかってるねえ。寿司食いねえ、酒飲みねえ(って、チャンはアルコール呑まないそうですが)。ほかには?

「ジーン・ウルフとか」

 若いのによく読んでるねえ[チャンは僕より6歳下です]。作品は?

「『ケルベロス第五の首』とか」

「そう、そうこなくちゃいけない。アメリカ人なのにえらいっ!」
 ……と、このあたりですっかりSFファン仲間としゃべるモードに切り替わり、酒飲まないならお茶でもどう? とホテルのラウンジに誘って、静かな場所で本誌編集長も交えてじっくり四方山話。そこでチャンが振ってきた話題が、映画「リング」の日米比較。

「先に見たせいもあるけど、僕はアメリカ版のほうが好きだな。日本版は、高山が超能力者でしょ。触るだけでわかっちゃうから、謎解きの面白さが乏しいんだよね」

 おお、それはまさにオレがSFオンラインの映画評で書いた話だよ! でも、原作はそうじゃないから! Koji Suzukiの Ring は英訳が出てるからぜひ読みたまえよ、キミ! 映画はほかにどんなの見るの?

「一九九九年がすごい当たり年で、僕の好きな三大名作が公開されたんだ」

 三大名作って?

「『マルコビッチの穴』、『マトリックス』、それに『ファイト・クラブ』」

 と、これには爆笑。ピンと来ない人もいるでしょうが、この三本を選ぶ時点で、完璧に、ある特殊な集団に分類される。でまあ、オレもほぼそこに入るわけで、そりゃ話が合うのも当然だね。ってことで、あとはえんえんチャーリー・カウフマンの話で盛り上がるボンクラぶり。ダメすぎる!

 もっとも、そんな無駄話ばかりしていたわけではない。菊池誠氏によるテッド・チャン・インタビュー(三百人を超える客が詰めかけ、急遽会場が変更になった)のあとは、日本のSF作家に引き合わせるからと、客席に来ていた飛浩隆、桜坂洋、円城塔、伊藤計劃の各氏ともども、グリーンルーム(企画出演者用の楽屋兼打ち合わせ室)に無理やり拉致。およそ一時間にわたって、東浩紀氏とかわるがわる、作品について根掘り葉掘り質問しました。途中からはICレコーダーで録音したので、機会があればそのうち文章化するかも。

(初出:SFマガジン2007年11月号「大森望のSF観光局 狂乱トーストマスター日記」より抜粋。河出書房新社『現代SF観光局』所収)


この続きは――

息吹


※書影はAmazonにリンクしています
【書誌情報】
■書名:息吹
■著者:テッド・チャン
■訳者:大森 望
■発売日:2019年12月4日発売
■価格:本体1900円+税
■判型:四六判上製
■出版社:早川書房

ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
31
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワSF
ハヤカワSF
  • 279本

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。