『機龍警察 白骨街道』【書影公開!】
見出し画像

『機龍警察 白骨街道』【書影公開!】

発売に先駆けて、月村了衛さんの大河警察小説シリーズ最新作『機龍警察 白骨街道』の書影を公開します!

遠きミャンマーで、あるいはこの日本の地で、朽ちていった無数の骸骨たちの怨念。特捜部が闘い、背負うものの過酷さを改めて思います。

8月18日はこの表紙を目印に、ぜひ書店に足をお運びください!

白骨街道カバーラフ決定

カバー写真/D-Keine/Getty Images
カバーデザイン/k2

〈内容紹介〉
国際指名手配犯の君島がミャンマー奥地で逮捕された。日本初となる国産機甲兵装開発計画の鍵を握る彼の身柄引取役として官邸は警視庁特捜部突入班の三人を指名した。やむなくミャンマー入りした三人を襲う数々の罠。沖津特捜部長は事案の背後に妖気とも称すべき何かを察知するが、それは特捜部を崩壊へと導くものだった……傷つき血を流しながら今この時代と切り結ぶ大河警察小説、因果と怨念の第6弾。


ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/