〈V・I・ウォーショースキー〉シリーズの続篇がついに刊行! サラ・パレツキー『クロス・ボーダー』9月16日発売
見出し画像

〈V・I・ウォーショースキー〉シリーズの続篇がついに刊行! サラ・パレツキー『クロス・ボーダー』9月16日発売

クロス・ボーダー 上下

クロス・ボーダー_帯

 ファンの皆様、大変お待たせいたしました。V・I・ウォーショースキーシリーズ最新刊『クロス・ボーダー』がついに登場です! 前作『フォールアウト』の刊行から4年、首を長くして待っている方も多かったことと思います。今作は、そんなファンの皆様の4年分の想いに十分にこたえてくれる作品です! 本日は、『クロス・ボーダー』のあらすじをご紹介します!

◎あらすじ

 小さな仕事をさばきながら、何とか糊口をしのいでいる探偵ヴィクのもとに、一本の電話がかかってくる。それは親友ロティの又甥が殺人容疑をかけられているというものだった。彼を助けるために調査を始めた彼女だったが、そこにまた別の事件が持ち込まれる。ヴィクの姪リノが失踪したというのだ。期せずして彼女はふたつの事件を同時に追うことになるのだが、そのふたつの事件の捜査を進める中、ヴィクはリノの妹とともに謎の男たちに襲われてしまう。傷を負った彼女はボロボロになりながらも自身の追う殺人事件と失踪事件が互いに関係している可能性に思い至る。そしてそれらを結びつける鍵を握っているのは、彼女の元夫ディックだった! 彼の周辺を調査していくうちに華やかなシカゴの街の裏に潜む巨悪の姿が見え始め……。複雑な事件に立ち向かうヴィクの雄姿を描く巨匠パレツキーの会心作!

◎大人気シリーズの4年ぶりの帰還!

 本作『クロス・ボーダー』で19作目となる〈V・I・ウォーショースキー〉シリーズ。読者の皆様にも大変ご好評をいただいており、「シリーズの続刊はいつ刊行されるのか?」「ヴィクの姿を見ることはもうできないのか?」といったお問い合わせをたくさんいただいておりました。そしてこの度、ようやくファンの皆様のお手元にお届けすることが叶いました。今作は、そんな皆様の四年分の想いに十分こたえてくれる作品です。ヴィクのカッコよさ、やさしさ、複雑な事件を見事に解き明かす爽快感……。シリーズに求めるすべてがこの『クロス・ボーダー』に詰め込まれています!
 そしてもちろん、シリーズを読んだことがないという方もいらっしゃることと思います。そうした方でも本作『クロス・ボーダー』を十分に楽しんでいただけるよう、本作の登場人物表をより詳しく、そしてこれから〈V・I・ウォーショースキー〉シリーズに入るという方のための記事を近日noteにて公開いたします。ぜひ、こちらも併せてご覧ください!

◎書誌情報

タイトル:『クロス・ボーダー』上下
著者:サラ・パレツキー
訳者:山本やよい
価格:各1,100円+税
刊行レーベル:ハヤカワ・ミステリ文庫

※書影等はAmazonにリンクしています。


ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/