見出し画像

ハマる声続出!『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』ガイドその2

 本日2月21日、221B、すなわち「ホームズの日」にちなんだ作品をご紹介いたします。半電脳顧問探偵シャーリーと、その相棒とのだめんず好き女医ジョーが、21世紀の現代ロンドンを舞台に、本家コナン・ドイルの設定から登場人物全員の性別を逆転させたホームズ・パスティーシュ『シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱』待望の続編『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』に、早川書房社内でもハマる声続出です。

画像1

好評発売中
シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗
高殿 円

早川書房/46判並製/本体価格1400円+税
ISBN978-4-15-209912-9 C0093


 ざっと拾い集めた感想をご紹介いたします。 

「ロンドン女子生活トリビア満載でロンドンに行きたくなります」

「あまりにキャラが魅力的なのでキャラ推し小説かと思いきや、事件も謎も最高に面白い……! 正典好きもそうでなくとも楽しめます」

「女子でしかありえないホームズ。女子ならでは前代未聞のトリック」

性別全部逆転なのには意味がある!」

「今もっとも宝塚舞台化が待たれる傑作(私的に)」

「男性よ、これが新時代のホームズだ」

忠実にブッ飛んだホームズ・パスティーシュ」

「ハドソンさんが電脳家政婦でびっくりしました」

「これが初めてのホームズでもいいかもしれない」

高殿さんの本領発揮! ツボをおさえまくったキャラ設定と爽快で胸すく謎解きでたまりません」

「誤解を恐れずに言えば、ある意味正典超えの傑作」

「登場人物全員可愛いから良し」

「過保護姉に溺愛されてるホームズ最高」

「巻を追うごとに深まっていく謎ふたりの関係……。ミステリ好きとしても、百合好きとしても大満足の一冊です!」

「SF百合から見ても完璧に百合です」

シャーリー_A4販促パネルkirinuki

 読書のご参考になりますでしょうか。

 また、上記から、いくつか感想をピックアップして、A4パネルサイズにまとめました。

>書店様
もしよろしければ、ダウンロードの上、ご利用いただけたら嬉しいです。

『シャーリー・ホームズとバスカヴィル家の狗』ガイドその1はこちら。

©Madoka Takadono ©Utako Yukihiro

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
22
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ国内フィクション
ハヤカワ国内フィクション
  • 243本

ハヤカワ文庫JAや単行本など、国内フィクション作品の試し読み原稿や解説などを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。