見出し画像

ジャングルの犬が道案内!? 野良犬がジャングルのレースで飼い主に出会った感動の実話。『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』(4/20発売)特集3

第1回 第2回

ジャングルに暮らす野良犬が、アドベンチャーレーサーのミカエル・リンドノードさんに出会いました。ミカエルさんからミートボールをもらった犬は、彼に懐き、どこまでもついていきます。やがてアーサーという名前をつけてもらい、ミカエルさんたちのチームに仲間入りすることになりました。

アーサーとミカエルさんたちが出会ったレースを改めて紹介します。

アドベンチャーレース世界選手権2014年エクアドル大会は、標高4000メートル、約700キロもの道を8日間で踏破するというもの。スタート地点からさっそく山を登り…

マウンテンバイクで駆け…

ふたたび山の登り降り。

集落を抜けて進んだ先に、ジャングルが待っています。

ここが、アーサーとミカエルさんは運命の出会いの場所です。

ミカエルさんたちはジャングルの手間で立ち止まり、正しい道順で入るために地図をよく調べます。ここから先は地図にも載っていないため、GPSナビゲーションを使って進んでいくのです。

苦労して進みながら、ミカエルさんは後をついてくるアーサーを見て、呼びかけます。「ここは君の国だろう。道を教えてくれないかな?」

ためしにアーサーを先頭に立たせると、自分の任務を理解しているように見えます。通り抜け不能で、道もまったくないようなジャングルのなかを、てくてく歩いて進んでいくのです!

アーサー一行はジャングルのもっとも密度の濃い地帯に向かっていきます。その足取りは自信たっぷり。どこを進んでいるかわかっているようです。ミカエルさんはGPSのルートとも合致していることを確認します。

「僕らがどこを進んでいるかわかってるんだ!」と、ミカエルはチームメイトに叫びます。他のどのチームにも真似できないアイデアに満足の様子。

ところが、1時間ほど進むと、見覚えのある空き地に出てしまいます。

どうやらぐるっと回ってきてしまったようなのです。

ミカエルさんも「我らがジャングルの友は、自分がどこを進んでいるか、僕たち以上にわかっていなかったと認めざるをえない」と言います。

結局、ミカエルさんたちはGPSでルートを確かめることにしました。それでもアーサーは懲りずに、別の道では、自分がチームのキャプテンであるかのように皆の前をてくてく歩くのでした。

***

今回はちょっとおバカなエピソードをお送りしました。次回は来週の更新予定です!

※この文章は、『ジャングルの極限レースを走った犬 アーサー』(ミカエル・リンドノード/坪野圭介訳)の紹介記事です。本書は早川書房より4月20日に発売予定です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

ありがとうございます!今後共どうぞよろしくお願いいたします。
1

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

ハヤカワ・ノンフィクション

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。