見出し画像

論理力養成にコミットする! 『問題解決力がつく数学プロブレム』に挑戦(第3問問題篇)

言うほどむずかしくない、というたのもしい声も聞こえる、弊社近刊『問題解決力がつく数学プロブレム』から珠玉の「難問」を紹介させていただいています。解けたら天才、解けなくとも答えのロジックを追うだけで、あなたの左脳はすでに活性化しています。

好評につき、本日は第3問をご紹介。こちらです。

第3問 幽霊を倒すか、地球を破滅させるか
 ゴーストバスターズが毎年恒例のキャンプを開催し、20人のメンバーが集まった。そのうちのエイブとベティは、キャンディスとダンが実は人間のふりをしている幽霊だと気づいている。そこでエイブとベティは密かに計画を立てた。20人全員がキャンプファイヤーの周りに輪になって座っているときに、エイブがキャンディス、ベティがダンに向けて、それぞれのプロトンパック(ゴーストバスターズが幽霊退治に使う道具)から同時にビームを放射し、幽霊を消滅させるのだ。しかし2本のビームが交差すると、地球上から生命が消え去ることになってしまう。
 キャンプファイヤーの周りにゴーストバスターズのメンバーがランダムに座る場合、エイブとベティのビームが交差する確率はどのくらいだろうか?
(熊谷玲美訳)

解けた、と思われるかたは、ハッシュタグ、 #538jp をつけてツイッターでつぶやいてみてください。

解答は2月8日に公開の予定です。お楽しみに。

問題解決力がつく数学プロブレム』(オリヴァー・ローダー編、熊谷玲美訳、予価1600円)は、弊社より2月20日発売予定です(ここでご紹介する問題と解答が収録されますが、内容や文章は多少改変されることがあります)。

ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
14
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

k
k
  • 9本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。