見出し画像

2020年はアガサ・クリスティー・イヤー! デビュー100周年&生誕130周年記念の新訳版ラインナップ発表

予告殺人〔新訳版〕

 2020年は作家アガサ・クリスティーの生誕130周年にして、『スタイルズ荘の怪事件』でデビューしてから100周年にあたる記念の年。本年、早川書房はクリスティー文庫から、豪華翻訳陣による新訳版を6カ月連続刊行いたします。

2020年
5月 『予告殺人〔新訳版〕』 羽田詩津子訳
6月 『雲をつかむ死〔新訳版〕』田中一江訳
7月 『メソポタミヤの殺人〔新訳版〕』田村義進訳
8月 『ナイルに死す〔新訳版〕』黒原敏行訳
9月 『ポケットにライ麦を〔新訳版〕』山本やよい訳
10月  『葬儀を終えて〔新訳版〕』加賀山卓朗訳
(いずれも下旬刊)


〈ミス・マープル〉シリーズの長篇で、クリスティー自選・江戸川乱歩8選・2015年のアガサ・クリスティー社による人気投票でも上位にランクインした『予告殺人』を皮切りに、ハリウッド大型映画化も決定している『ナイルに死す』ほか、著者の代表作や旧クリスティー・ジュニア版で人気だった作品など、往年のファンのみならず、新たにクリスティーを手に取ってくださる読者の皆様も瞠目されるようなエンターテインメント性の高い傑作・秀作を選出しました。

大反響を呼んでいる〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉よりアガサ・クリスティーの傑作集も続々刊行中。このアニバーサリー・イヤーに新訳版・ジュニア版ともどもどうぞご注目ください!

ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
46
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ミステリ
ハヤカワ・ミステリ
  • 109本

「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。