この会議_役に立ってる_

ブレインストーミングで、スマートかつクリエイティブに見せる裏ワザ『会議でスマートに見せる100の方法』

会議でスマートに見せる100の方法
(サラ・クーパー著/ビジネスあるある研究会訳/早川書房)

スケジュール帳を見ると、「課内ミーティング」「同僚と相談」「部長にプレゼン」と、会議の予定ばかり…。一説には、会議は労働時間の75%も占めるといいます。こうした事情は、日本でもアメリカでも変わらないもよう。

YAHOO!とGoogleで働いていた作家のサラ・クーパーは、両企業の会議の数々に参加しながら、そこで人がどんなふうに振る舞っているかを観察し、おもしろおかしく描きだします。

たとえば

・会議を早めに抜け出したいとき

・だれかがよいアイデアを先に提案したとき

・プレゼンの準備がまったくできていないとき

こんなとき、自称「会議の達人」たちは、どうしているか? 「こういうヤツ、いるいる!」と共感されて500万PVとなったブログ発の書籍『会議でスマートに見せる100の方法』の発売を記念して、選り抜きのネタをお届けします!

第2回目は、アイデア出しの会議で役に立つ裏ワザです。
第1回目:会議でスマートに見せる主要テクニックはこちら
第3回目:プレゼンテーションはこちら

ブレインストーミング:チームの創造力の源だと思われる裏ワザ

ブレインストーミングでは、斬新なアイデアを思いつかなければというプレッシャーに押しつぶされそうになる。ラッキーなことに、会社というものはたいてい、新しいアイデアを好まない。したがってこれらは無意味な儀式であり、大事なのは、存在感だけで場の空気を良くし、別の人のアイデアを自分のアイデアのように思わせ、プロセス全体の効率性に疑問を呈して真のリーダーのようにふるまうことである。ブレインストーミングで勝者となるための12の裏ワザを紹介しよう。

 これらの裏ワザで見事ブレストに成功したら、つぎはそのクリエイティビティを見せつけるプレゼンテーションの時間です。次回は「たいしたことを言っていないのに、聴衆を魅了する方法」をご紹介します!

『会議でスマートに見せる100の方法』は12月8日発売。詳細はこちらから(http://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013416/date_2016_12/page1/order/)。

ネット書店でも販売中

アマゾン https://www.amazon.co.jp/dp/4152096578/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_T3qryb8YRG6AV

楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/rb/14577025/

セブンネットショッピング http://7net.omni7.jp/detail/1106722734

hontoネットストア http://honto.jp/netstore/pd-book_28190693.html

紀伊国屋書店ウェブストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784152096579

ヨドバシドットコム書籍 http://www.yodobashi.com/ec/product/100000009002705132/index.html

HonyaClub http://www.honyaclub.com/shop/g/g18342603/

e-hon http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-15-209657-9&Sza_id=MM

エルパカBOOKS http://www.hmv.co.jp/product/detail/7460638

TSUTAYAオンライン http://shop.tsutaya.co.jp/book/product/9784152096579/

著者:サラ・クーパー

作家・コメディアン。Yahoo!、Googleを経て、現在、無期限の休養中(本人曰く「本書の裏ワザを実践したため」)。自身のブログTheCooperReview.comで、ビジネス文化やIT界隈、その他あらゆることをおちょくり、世界的な人気を博している。サンフランシスコ在住。90年代ロックとスタンダップ・コメディが好き。

訳者:ビジネスあるある研究会

日夜、ビジネス書を読み漁り、TEDを見まくることで、数々の流行語とビジネスあるあるを蓄える一方、スキルはちっとも向上しないビジネスパーソン集団。

四六判並製 定価:本体1500円+税

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
7
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。