ねじれ_poster

ミステリの女王 アガサ・クリスティー「絶対の自信作」がついに映画化! 4月19日(金)公開決定!

ミステリの女王アガサ・クリスティー『ねじれた家』が映画化され、日本公開が決定しました。

ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。
根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。
内部の者の犯行と思われ、若い後妻、金に窮していた長男などが疑心暗鬼の目を向け合う。
そんななか、恐るべき第二の事件が……

『ねじれた家』は、エルキュール・ポアロやミス・マープルといった名探偵こそ登場しませんが、お得意のマザー・グース童謡を巧みに組み入れ、独特の不気味さを醸し出すことに成功した自信作。

1972年に日本のファンクラブの問いに答えて自選したベストテンに挙げられているほかにも、「わたしがもっとも満足している二作は『ねじれた家』『無実はさいなむ』である」(『アガサ・クリスティー自伝〔下〕』)、「この作品が私のベストの一つだという確信は、まちがっていないと思います」(1953年版への序文)などと、折にふれて自賛するほどの傑作です。

そんな『ねじれた家』ですが、これまで映像化される機会はなく、今回が初の映画化となります。

この映画化に挑んだのは、フランス出身で「マルセイユ・ヴァイス」(2003)、「サラの鍵」(2010)、そしてギリアン・フリンの『冥闇』を映画化した「ダーク・プレイス」(2015)などを監督したジル・パケ=ブレネール

主演は、グレン・クローズ(「再会の時」(1983)、「101」(1996)、「ステップフォード・ワイフ」(2004))

ほかに、テレンス・スタンプ(「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス 」(1999))、マックス・アイアンズステファニー・マティーニジリアン・アンダーソンクリスティーナ・ヘンドリックスらが共演しています。

配給はKADOKAWA
2019年4月19日(金) 角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA他で全国公開。

映画公式HPはこちらhttp://nejire-movie.jp

女王の絶対自信作がいかに映像化されたか、しかとその目でご覧ください。

そして、未読の方はこの機会にぜひとも原作も

【リンク先はすべてamazon.co.jp】

ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
16
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ミステリ
ハヤカワ・ミステリ
  • 109本

「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。