ル_グイン書影

アーシュラ・K・ル・グィン氏死去


 2018年1月22日、『闇の左手』、〈ゲド戦記〉シリーズなどで知られるアーシュラ・K・ル・グィン氏が、米オレゴン州ポートランドの自宅でお亡くなりになりました。享年88歳。
 アーシュラ・K・ル・グィンは1929年、カリフォルニア州バークレー生まれ。父親は文化人類学者アルフレッド・L・クローバー、母親は『イシ——北米最後の野生インディアン』の著作のある作家シオドーラ・クローバー。大学で文学を学び、ラドクリフ大学で学士号、コロンビア大学で修士号を取得、1951年、フルブライト奨学生としてパリ留学中に知り合ったチャールズ・A・ル・グィンと結婚した。帰国後、州立ポートランド大学の歴史学教授になった夫とともにポートランドに住み、三人の子供をもうける。
 SF界へのデビューは1961年で、66年に長篇第1作『ロカノンの世界』を刊行。69年には同じ〈ハイニッシュ・ユニヴァース〉ものの『闇の左手』を発表し、アメリカSF界の二大SF賞であるヒューゴー賞、ネビュラ賞を同時受賞。両賞ともに女性作家が長篇部門を受賞したのは初めてだった。以降、ジュブナイル・ファンタジイとしてだけでなく文学としても高い評価を得た〈ゲド戦記〉シリーズ(1972年刊行の第3巻『さいはての島へ』が全米図書賞児童文学部門賞)、ヒューゴー/ネビュラ/ローカスの各賞を受賞した『所有せざる人々』(1974)などを次々と発表し、中短篇でも各賞を多数受賞した。まさにSF界の女王とも呼ばれるにふさわしい作家だった。
 2000年代以降も〈ゲド戦記〉の『アースシーの風』(2001)、〈西のはての年代記〉(2004−2007、第3巻『パワー』がネビュラ賞受賞)、短篇集『世界の誕生日』(2002)などで精力的な活動をおこなっていた。文化人類学SF、ジェンダーやフェミニズムSFを語るうえで欠かせない作家であり、SFファンタジイ界だけでなく、アメリカ文学の最良の作家のひとりとして評価されている。
 ここに、故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

***

闇の左手』(小尾芙佐 訳)ハヤカワ文庫SF

所有せざる人々』(佐藤高子 訳)ハヤカワ文庫SF

短篇集『世界の誕生日』(小尾芙佐 訳)ハヤカワ文庫SF

短篇集『風の十二方位』(小尾芙佐、浅倉久志、佐藤高子 訳)ハヤカワ文庫SF

※書影はAmazonにリンクしています

ありがとうございます!『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』もどうぞ!
14
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワSF
ハヤカワSF
  • 287本

ハヤカワ文庫SFや、新ハヤカワ・SF・シリーズなどの話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。