見出し画像

弟の事件の謎と重い後ろめたさがヒリヒリする文芸ミステリ『偽りの空白』(トレイシー・リエン、吉井智津訳)6月19日発売

〈優等生の弟の不審な死。事件現場に友達といたはずなのに、目撃証言はない。記者の姉が調査の果てに見たものは――〉
早川書房は、オーストラリア出身の作家、トレイシー・リエン『偽りの空白』(原題 All That’s Left Unsaid)を2024年6月19日に刊行します。

『偽りの空白』は、2022年に原書が刊行された当初から注目を集め、パブリッシャーズ・ウィークリーなど有力媒体による年間ベストブックに選出されるほか、ロサンゼルス・タイムズ文学賞ミステリ/スリラー部門の最終候補作に選ばれ、国際的なベストセラーとなりました。

『偽りの空白』
トレイシー・リエン、吉井智津訳
2024年6月19日発売
368頁/定価3,080円(税込)
装画:六角堂DADA 装幀:田中久子

◉あらすじ

「何も見なかった」と言う彼らのそばで弟は殺された。

メルボルンで働く記者のキーは、弟の不審な死を知らされ、久しぶりに帰省する。5歳下の弟デニーは、ベトナム系の一家のなかでも、オーストラリアに適応した優等生だった。

そんな弟が殺された。レストランの店内で何者かに殴られて。
警察の説明にキーは愕然とする。その日、現場にはデニーの同級生も教師もいたのに、目撃証言がひとつもないというのだ。

必死に事件を調べるキーだったが、知るほどに弟の姿は揺らいでいく。デニーは変わってしまったのか? そもそも自分が弟を何も見ていなかったのか? やがてキーは、置き去りにしてきた過去に向き合う――。

オーストラリアの移民社会の歪みに切り込む文芸ミステリ作品!

ロサンゼルス・タイムズ文学賞ミステリ/スリラー部門最終候補

◉本書への讃辞

本書は、2023年本屋大賞翻訳小説部門第1位に選ばれた『われら闇より天を見る』著者のクリス・ウィタカーと、『消失の惑星【ほし】』著者のジュリア・フィリップスから賛辞が送られています。

「殺伐として、心を引き裂くような本作は、いくつかのひじょうに重要な問題に取り組みつつ、よくつくりこまれたミステリでもあり、読みはじめたら止められない」――クリス・ウィタカー(『われら闇より天を見る』著者)

「正直で、痛くて、美しさに満ちた小説。この本はあなたを夢中にさせる」――ジュリア・フィリップス(『消失の惑星』著者)

◉著者紹介

(C) Alison Grasso (禁転載)

トレイシー・リエン Tracey Lien
オーストラリア出身のベトナム系作家。ベトナムから移住した両親のもと、シドニー郊外の街カブラマッタで幼少期を過ごす。十代のころから書くことに興味をもち、シドニー工科大学でジャーナリズムを学ぶ。卒業後、ゲームライターとして活動し、やがて渡米、ロサンゼルス・タイムズでビジネス分野の記事を手がける。カンザス大学大学院で創作を学び、2022年、在学中に執筆した本書『偽りの空白』で作家デビュー。刊行当初から注目を集め、パブリッシャーズ・ウィークリーなど有名媒体による年間ベストブックに選出されるほか、ロサンゼルス・タイムズ文学賞ミステリ/スリラー部門の最終候補作に選ばれ、国際的なベストセラーとなった。

◉訳者紹介

吉井智津(よしい・ちづ)
訳者略歴 翻訳家。訳書に『追憶の東京』アンナ・シャーマン(早川書房刊)、『闇の牢獄』ダヴィド・ラーゲルクランツ、『THE LAST GIRL イスラム国に囚われ、闘い続ける女性の物語』ナディア・ムラド&ジェナ・クラジェスキなどがある。

***

トレイシー・リエン『偽りの空白』はを2024年6月19日に紙・電子書籍同時発売です。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!