見出し画像

読める煉瓦発売中! ジャン゠クリストフ・グランジェ『死者の国』厚さ対決

6月6日に発売となった、ジャン゠クリストフ・グランジェの『死者の国』。なんと、〈ハヤカワ・ポケット・ミステリ〉史上最長の776頁の大作です。背幅はなんと3. 5cm、その厚さに驚く声が各所からあがっています。


(書影をクリックするとAmazonページへジャンプ)

というわけで、『死者の国』といろんなものの厚さを比べてみました。

VS 500円玉

・・・『死者の国』の圧勝。



VS ローダン先輩(最新刊『さらばマスクの男』)

・・・たぶん595巻ぜんぶ並べた幅と比べたら勝てない。



VS 5月ポケミス『パリ警視庁迷宮捜査班

・・・花の都パリ対決にも勝利



VS 去年爆発した百合(「S-Fマガジン 2019年2月号」)

・・・死者、百合を制した。



VS コピー用紙を250枚くらいはさめるゲラばさみクリップ

・・・縦幅になんとか勝利!



VS 目薬

・・・2個分でした。



VS 某コンビニのコーヒーフレッシュ

・・・ビターでノワールな『死者の国』、余裕の表情。



VS 北海道キャラメル

・・・ルスツリゾートには修学旅行で行きました。



VS みかん

・・・このあとスタッフがおいしくいただきました。もちろんみかんの方です

と、こんな厚さの『死者の国』、お家を建てたいときには煉瓦にもなりますよ。

もちろんこの本の面白さは見掛けだおしではありません。
解説の三橋曉さんいわく「底なしにも思える奈落を超高速で走り抜けるジェットコースター」、ひとたびページを開けば読み終わるまで眠れない面白さです。

次回の記事では、三橋曉さんが『死者の国』、そして著者ジャン゠クリストフ・グランジェの魅力について存分に語った解説を公開いたします。

***

ジャン゠クリストフ・グランジェ/高野優監訳、伊禮規与美訳
死者の国
本体価格3000円+税 早川書房より好評発売中

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
20

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

海外文芸

翻訳文芸書に関わるニュースや試し読み、特別公開原稿などをお届けします。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。