くまざわ書店_バナー_予約なし_

意外な結末に世界中が驚いた! 『オリエント急行の殺人』を小中学生向けに3月18日刊行! ハヤカワ・ジュニア・ミステリ

世界中の名探偵が集まるレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。その第1弾は、アガサ・クリスティーの長篇10作品です。名探偵ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスの代表作を読めるセレクションです。

その1冊目である『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』を紹介します。

01_名探偵ポアロ オリエント急行の殺人_書影

名探偵ポアロ オリエント急行の殺人

アガサ・クリスティー 山本やよい 訳 二階堂彩 絵

あらすじ

01_オリエント急行の殺人_あらすじA

01_オリエント急行の殺人_あらすじB

世界一の名探偵ポアロは、豪華寝台列車オリエント急行に乗りこんだ。
車内にはさまざまな国籍・階級の人々。途中、列車は大雪に閉ざされ進めなくなってしまう。
そして、金持ちの男が殺された!? 今こそポアロの出番。犯人は車内の誰かにまちがいない。
しかし、全員に犯行当時のアリバイがあった。はたしてポアロの推理は?
意外な結末に世界が驚いた、永遠の名作。

登場人物

オリエント急行の殺人_登場人物_A

オリエント急行の殺人_登場人物_B


はやみねかおるさんがオススメ!

”ミステリの楽しさ、乗車率120パーセント!”

「名探偵 夢水清志郎」「怪盗クイーン」シリーズの著者、はやみねかおるさんも『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』をオススメしています。

***

ミステリの魅力がつまった永遠の名作に、ルビと挿絵がついて、小学校高学年から読めるようになりました。
翻訳は、省略をせずに、「本物」を味わえる完訳です。ルビは、小学校4年生以降に習う漢字につけています。挿絵は、後日公開予定です。ご期待ください!

『名探偵ポアロ オリエント急行の殺人』は、3月18日に『そして誰もいなくなった』(青木久惠 訳)と同時発売です。

刊行ラインナップ

2020年4月発売
③『名探偵ポアロ メソポタミヤの殺人』(田村義進 訳)
古代文明の眠る地で起きた異変にポアロの推理は?
④『ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分』(小尾芙佐 訳) 
死体が消えた? ミス・マープルが秘策で真相を暴く。

2020年5月発売
⑤『名探偵ポアロ 雲をつかむ死』(田中一江 訳) 
航空機内でおこった奇妙な殺人に、ポアロの推理がさえる。
⑥『トミーとタペンスの大冒険 秘密機関』(嵯峨静江 訳) 
若いカップル、トミーとタペンスが国際陰謀事件に挑戦。

2020年6月発売
⑦『名探偵ポアロ ABC殺人事件』(田口俊樹 訳) 
姿なき連続殺人犯と、名探偵ポアロの死闘。
⑧『ミス・マープルの名推理 予告殺人』(羽田詩津子 訳) 
新聞で予告された殺人に、ミス・マープルが挑む。

2020年7月発売
⑨『名探偵ポアロ ナイルに死す』(佐藤耕士 訳) 
悠久のナイル、ポアロがいどむロマン満点の事件。
⑩『茶色の服の男』(深町眞理子 訳)
サスペンス満点に展開するスパイものの傑作。


◉これまでの連載



ありがとうございます!今日のおすすめは『なめらかな世界と、その敵』です
16
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ジュニア・ブックス
ハヤカワ・ジュニア・ブックス
  • 21本

ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。