見出し画像

運命の人だと思った。運命が残酷だなんて知らなかった。恋愛小説『30年目の待ち合わせ』(エリエット・アベカシス)

早川書房では、2021年4月1日に、フランスの小説家エリエット・アベカシスによる『30年目の待ち合わせ』(原題Nos rendez-vous、齋藤可津子訳)を刊行します。

【書影】30年目の待ち合わせ_帯

30年目の待ち合わせ
エリエット・アベカシス/齋藤可津子訳
早川書房より4月1日刊行

◉あらすじ

1980年代末、パリ、カルティエ・ラタン。
アメリとヴァンサンは20歳。
本の趣味が合って、ずっと話していられた。
当然、恋に落ちた。
だが、待ち合わせの日、2人はすれ違ってしまう。

再会は10年後、ヴァンサンは結婚していた。
やがてアメリも家庭を築くが、
人生を間違えたのではないかという思いは消えず、
20歳の記憶は輝きを増していく。
そんな彼女のまえにまた彼が現れるが――。

エッフェル塔、セーヌ河、シャンゼリゼ……
パリのあちこちで描かれる、離別と再会。
世界的ベストセラー作家による
大人のラブストーリー。

装幀:アルビレオ
装画:原倫子
カバー・表紙イラスト:「ロベール・ドアノーへのオマージュ」

◉試し読み

◉著者について

原書nosrendezvous

(フランス語原書、写真は著者)
エリエット・アベカシス 
Éliette Abécassis

小説家、哲学者。フランス、ストラスブール生まれ。神学を題材としたスリラー『クムラン』三部作が、日本をふくむ世界中でベストセラーとなった。小説にくわえて、演劇、映画、音楽でも創作し、テレビや新聞では時事問題を論じる。女性と子どもの権利を擁護し、暴力から守る団体に関わる。また、ファッションについても執筆しており、ルイ・ヴィトン、ランセル、ゲランなどともコラボレーションを行っている。
公式ウェブサイト〔仏語〕 https://eliette-abecassis.com/


齋藤可津子

訳者略歴 翻訳家 一橋大学大学院言語社会研究科博士課程中退 訳書『三つ編み』『彼女たちの部屋』レティシア・コロンバニ(ともに早川書房刊),『内なるゲットー』サンテ ィアゴ・H・アミゴレナ,『マドモアゼルSの恋文』ジャン゠イヴ・ベルトー編,『アラブの春は終わらない』タハール・ベン゠ジェルーン,他


ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
31
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/