見出し画像

消えた死体をさがせ!『ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分』(アガサ・クリスティー)ハヤカワ・ジュニア・ミステリ

世界中の名探偵が集まるレーベル〈ハヤカワ・ジュニア・ミステリ〉。その第1弾は、アガサ・クリスティーの長篇10作品です。名探偵ポアロ、ミス・マープル、トミーとタペンスの代表作を読めるセレクションです。

ポアロとならぶ人気キャラクターが活躍する『ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分』をご紹介!

パディントン_obi

ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分
アガサ・クリスティー 小尾芙佐 訳 藤森カンナ 絵

あらすじ

あらすじ_パディントン発_ページ1_低解像度

あらすじ_パディントン発_ページ2_低解像度


ミス・マープルは小さな村にすむ老婦人。じつは、するどい知性で、数々の事件を解決してきた名探偵なのだ。
その日も、友達から相談をうけていた。友達が列車に乗っていると、ならんで走るべつの列車で殺人事件が起きたという。通報したが、死体はどこにも見つからない!?
しらべはじめたミス・マープルがたどり着いたのは、欲望うずまくお屋敷だった。はたして消えた死体の行方は――?

登場人物

人物_パディントン発_ページ1_低解像度

人物_パディントン発_ページ2_低解像度

***

ミステリの魅力が詰まった永遠の名作に、ルビと挿絵がついて、小学校高学年から読めるようになりました。
翻訳は、省略をせずに、「本物」を味わえる完訳です。ルビは、小学校4年生以降に習う漢字につけています。

04_パディントン発4時50分_書影

『ミス・マープルの名推理 パディントン発4時50分』は、4月25日に『名探偵ポアロ メソポタミヤの殺人』(田村義進訳)と同時発売です。


ありがとうございます!『これからの「正義」の話をしよう』もおすすめです
9
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ジュニア・ブックス
ハヤカワ・ジュニア・ブックス
  • 23本

ハヤカワ・ジュニア・ブックス(HJB)は、小学生・中学生のためのミステリ、SF、ファンタジイ、ノンフィクションを刊行するレーベルです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。