『コロナの時代の僕ら』著者パオロ・ジョルダーノによる最新長篇『天に焦がれて』11月17日発売決定!!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

『コロナの時代の僕ら』著者パオロ・ジョルダーノによる最新長篇『天に焦がれて』11月17日発売決定!!

コロナの時代の僕ら著者による、イタリアで16万部突破の最新長篇天に焦がれてが11月17日水曜日に早川書房から発売されます。

天に焦がれて

天に焦がれて_obi

著者パオロ・ジョルダーノについて

1982年、イタリア、トリノ生まれ。トリノ大学大学院博士課程修了。専攻は素粒子物理学。2008年デビュー長篇となる『素数たちの孤独』(ハヤカワepi文庫)は、イタリアで200万部超のセールスを記録。同国最高峰の文学賞であるストレーガ賞、カンピエッロ文学賞新人賞など、数々の文学賞を受賞した。他の著作に『兵士たちの肉体』(2012年、早川書房)、Il nero e l’argento(2014年)がある。2020年には、新型コロナウイルスの感染がイタリアで広がる中、いち早くコロナ禍に関するエッセイ集『コロナの時代の僕ら』(2020年、早川書房)を上梓し話題となった。『天に焦がれて』は、2018年にイタリアで発売後、累計16万部超のセールスを記録した。

画像3

©Daniel Mordzinski

画像4

あらすじ
毎年夏になると、祖母が暮らす南イタリアのスペツィアーレで過ごす14歳のテレーザ。ある日、祖母の家の近所に暮らす三人の少年と知り合い、テレーザは、そのうちの一人、ベルンに一目惚れする。夏休みのたびに彼らと遊び、17歳の夏、とうとうベルンと結ばれる。だが翌年の夏休み、テレーザは祖母から、ベルンが他の少女を妊娠させたと聞いて──。

『天に焦がれて』書誌情報
発売日:2021年11月17日
パオロ・ジョルダーノ/飯田亮介訳
四六版並製
本体価格:2,900円(税抜き)
ISBN:978-4-15-210061-0





ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/