【4/20刊行!】加藤直之氏のカバーイラスト完全版公開! ハヤカワSFコンテスト出身・春暮康一が、国産ハードSF史を更新する傑作中篇集『法治の獣』刊行!
見出し画像

【4/20刊行!】加藤直之氏のカバーイラスト完全版公開! ハヤカワSFコンテスト出身・春暮康一が、国産ハードSF史を更新する傑作中篇集『法治の獣』刊行!

Hayakawa Books & Magazines(β)

2022年4月20日、春暮康一氏の異星生命体SF中篇集『法治の獣』を刊行!

緻密な驚きが星々に息づいている。また新しい宇宙がSFに生まれた  ――小川一水(作家)


高揚感・知的興奮に満ちた、第一級のストレートなSFである。    ――山岸真(SF翻訳業)(本書解説より)


第7回ハヤカワSFコンテスト優秀賞受賞作『オーラリメイカー』の系譜につながる、超弩級のアイデアが詰まった異星知性体ハードSF中篇集です。

SFイラストの第一人者である加藤直之氏による、帯の下やカバーの折り返し部分まで緻密に描かれたトーラス型スペースコロニー〈ソードII〉のイラストの全体を公開します!

カバーイラスト:加藤直之
(クリックで大きくなります)

不思議な生態の生き物が暮らす惑星と、近傍に浮かぶスペースコロニーをめぐる、驚天動地の物語の舞台を正確に再現した、異星生命体ハードSFにぴったりのカバーイラストです。

■ストーリー
惑星〈裁剣(ソード)〉には、あたかも罪と罰の概念を理解しているかのようにふるまう雄鹿に似た動物シエジーが生息する。
近傍のスペースコロニー〈ソードⅡ〉は、人びとがシエジーの持つ自然法を手本とした法体系で暮らす社会実験場だった。
この地でシエジーの研究をするアリスは、コロニーとシエジーをめぐる衝撃の事実を知り――
戦慄の表題作に、ファーストコンタクトの光と影を描ききる傑作2篇を加えた、地球外生命SF中篇集。

春暮康一(はるくれ・こういち)
1985年生まれ。山梨県甲府市出身。山梨大学大学院物質・生命工学専攻修士課程修了。現在メーカー勤務のエンジニア。2019年「オーラリメイカー」で第7回ハヤカワSFコンテスト優秀賞を受賞し、同名単行本(早川書房刊)にてデビュー。

『法治の獣』
春暮康一

本体1,000円+税
2020年4月20日刊行
ハヤカワ文庫JA


この記事が参加している募集

宇宙SF

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
Hayakawa Books & Magazines(β)
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/