【ゲラ読み書店員さん募集中!】2021年8月刊 月村了衛『機龍警察 白骨街道』
見出し画像

【ゲラ読み書店員さん募集中!】2021年8月刊 月村了衛『機龍警察 白骨街道』

吉川英治文学新人賞や日本SF大賞などさまざまな賞に輝く機龍警察シリーズ。その最新作である『機龍警察 白骨街道』を8月に刊行します。
刊行に先立ち、新作のゲラをお読みいただける書店員さんを募集しています! 詳しくは本記事の下部まで!

■あらすじ
警視庁特捜部に新たな指令が下る。ミャンマーの紛争地で確保された国外逃亡犯・君島の引き渡しを特捜部の搭乗員である傭兵たち──姿、ユーリ、ライザにやらせろというのだ。武器の携帯も許されぬまま、3人は現地に飛ぶ。だが、その道行は、危機に次ぐ危機の連続だった。一方、事態の背後を探るべく、特捜部では君島についての捜査を始め、捜査二課に協力を求める。総動員体制での必死の追跡の先には、掘り起こしてはならない巨大な闇が待ち受けていた……。

■著者紹介
月村了衛(つきむら・りょうえ)
1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒。2010年に『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に本作『機龍警察 自爆条項』(以上ハヤカワ文庫JA)で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』(本書)で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』(文春文庫)で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』(幻冬舎文庫)で第68回日本推理作家協会賞、2019年に『欺す衆生』(新潮社)で第10回山田風太郎賞を受賞。2017年に上梓したシリーズ長篇第5作『機龍警察 狼眼殺手』(ハヤカワ・ミステリワールド)は、「ミステリが読みたい! 2018年版』国内篇の1位を獲得。

■書誌情報

画像1

『機龍警察 白骨街道』月村了衛
ハヤカワ・ミステリワールド 四六判上製単行本
本体価格:2090円(税込)
ISBN:978-4-15-210045-0
予定ページ数:444ページ前後(編集中)
刊行予定日:2021年8月18日

■申し込み・お問い合わせ先
弊社営業担当者へご連絡いただくか、下記までご連絡をお願いいたします。
-----------------------------------------------------------------------
早川書房お客様係
Eメール:customer@hayakawa-online.co.jp
電話:03-3252-3111 (受付時間 平日午前10時~午後5時)
-----------------------------------------------------------------------
その際、貴店名、ご担当者様氏名、番線を合わせてお知らせください
(メールでご連絡いただく場合は、件名に「『機龍警察 白骨街道』ゲラ読みの件」とご入力ください。後日、営業部より発送させていただきます。なお、ゲラは編集段階のため、修正前の誤植等がある場合もございます。ご容赦いただけましたら幸いです。)


■新刊配本をご希望の場合
ゲラをお読みいただき、2021年7月27日(火)までにいただけますと幸いです。(ご感想はこれ以降にいただける場合も大歓迎です!)

どうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/