わが町

【アメリカ現代演劇編】ハヤカワ演劇文庫50冊を一挙紹介!~本を読んだら劇場へ、舞台を観たら本を手に。~

早川書房は演劇青年だった創業者・早川清の「自由に本が読みたい」という決意のもと、1945年8月15日に設立された出版社です。その創業の志をつなぐ演劇専門レーベル「ハヤカワ演劇文庫」は2006年に創刊。15年にわたり国内外の優れた戯曲をご紹介してきました。そしてハヤカワ文庫50周年にあたる今年、50冊目の演劇文庫「ピーター・シェーファーⅠ」を刊行いたします。この節目に、ハヤカワ演劇文庫の既刊をご紹介!今回はアメリカ現代演劇編です。息を詰めて緊密なドラマの展開を追うもよし、詩情あふれる台詞に陶酔するもよし。あなただけの戯曲の楽しみ方を探してみてください。

テネシー・ウィリアムズ2

1.「エドワード・オールビーⅠ 動物園物語/ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」 鳴海四郎訳

ピーター「私のベンチからどいてくれ!」(動物園物語)

マーサ「つまりね、ジョージにはそれほど……ファイトがない……根性がない。ひと口にいって……(ジョージの背中に向けて吐きだす)……ペケ! 落第……最低……ペケ!」(ヴァージニア・ウルフなんかこわくない)

ある日公園でピーターはジェリーという男に出会う。問われるまま家族や仕事のことを話す。やがて饒舌なジェリーに辟易し、遂に……不条理な世界に巻き込まれた常識人を描くデビュー作「動物園物語」。パーティ帰りの真夜中、新任の夫妻を自宅に招いた中年の助教授夫妻。やがて激しい罵り合いが……幻想にすがる人間の姿、赤裸々な夫婦関係を描く「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」。現代演劇の第一人者の傑作二篇。

解説/一ノ瀬和夫 本体840円。

2.「テネシー・ウィリアムズ しらみとり夫人 財産没収ほか」    鳴海四郎・倉橋健訳

ウィリー「ともかく、映画の死ぬ場面のようにはいかないわ。映画じゃ、だれかが死ぬとき、きまってヴァイオリンを弾いてくれるもん。」(財産没収)

家賃支払いを迫られ、知り合いの農園王から送金があるとうそぶく女。上流気取りとは裏腹に、部屋に転がっていたのは……「しらみとり夫人」。年に似合わぬどぎつい化粧をした少女。人気者だった亡き姉の服も知り合いも継いで幸せだというが……「財産没収」。病院へ行くよう勧められた年増の娼婦が、どこへ放り込まれるかと恐れて助けを求める相手は……「バーサよりよろしく」。過酷な現実と理想の狭間で悩む人間の孤独と哀しみを描く名匠の一幕劇集。

解説/一ノ瀬和夫 本体820円。

3.「ソーントン・ワイルダーⅠ わが町」鳴海四郎訳

エミリー「人生というものを理解できる人間はいるんでしょうか――その一刻一刻を生きているそのときに?」

ニューハンプシャー州の小さな町に暮らすエミリーとジョージ。ふたりは善良な両親と近隣の人々に見守られて育ち、恋に落ちて、やがて結婚の日を迎えた。しかし幸せに満ちた九年の夫婦生活の後、エミリーの身には……。人の一生を超越する長大な時の流れのなかで、市民たちのリアルな生の断片を巧みに描きだし、ありふれた日常のかけがえのない価値を問う。

解題/水谷八也 解説/別役実 本体1000円。

4.「ウィリアム・サローヤンⅠ わが心高原に おーい、助けてくれ!」倉橋健訳

若い男「人はどこだって同じさ。好きな人がいるときだけ違うんだ。そのときしか違やしない。サンフランシスコじゃ大抵の人に好きな人があるんだ。それだけだよ」(おーい、助けてくれ!)

貧しい父子の前にふらりと現われた謎の老人。シェイクスピア俳優を名乗り、美しい音色でラッパを吹く彼と父子は、奇妙な絆を築いていく。町の人たちも、彼の不思議な魅力につかの間苦労を忘れるが……「わが心高原に」。社会の底辺に暮らす青年と、さげすまれて生きてきた娘の幻のような恋を描いた「おーい、救けてくれ!」。人生をまるごと肯定し、貧しい庶民の生活を優しい眼差しで描き続けた「劇詩人」による珠玉の二篇。

解説/川本三郎 本体720円。

5.「テネシー・ウィリアムズⅡ 地獄のオルフェウス」広田敦郎訳

レイディ「あぁ、やめて、なにが愛よ、あたしに向かって。気楽なもんよ、愛だの、恋だの!速くてタダ乗りできるクルマがそとであんたを待ってんでしょ!」

アメリカ南部の田舎町。病気で伏している雑貨店店主ジェイブを夫とするレイディ。二人の夫婦生活に、もはや愛はない。ある日、町に現れたのは蛇革のジャケットにギターを持った若い男ヴァル。レイディは野性味あふれるヴァルに惹かれ希望を見出す。レイディが手にした愛の代償とは。ギリシャ神話の英雄オルフェウスの話をもとに発表した『天使の闘い』の改作。

解説/広田敦郎 本体1200円。


今後も【イギリス現代演劇】【フランス現代演劇】【アーサー・ミラー】【岸田國士】など、随時アップしていきます。



ありがとうございます!今日のおすすめは『わたしを離さないで』です。
22
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

悲劇喜劇
悲劇喜劇
  • 48本

演劇雑誌:悲劇喜劇

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。