漫画家・宮崎夏次系の新連載がスタート! 「架空小説の漫画化」に挑む。《SFマガジン》2021年4月号より
見出し画像

漫画家・宮崎夏次系の新連載がスタート! 「架空小説の漫画化」に挑む。《SFマガジン》2021年4月号より

King Gnu 井口理さん、BiSH アユニ・Dさん、南原清隆さんらが大注目の漫画家・宮崎夏次系さんの新作がついに連載開始!


画業10周年である2020年に出した新刊『と、ある日のすごくふしぎ』『あなたはブンちゃんの恋』が重版、さらに画集が出版されTVでは朗読劇でやくしまるえつこさんらとのコラボレーションも果たすなど、ますます活動の幅を広げている宮崎夏次系さん。なんと、新連載が決まりました!!!

今回、宮崎夏次系さんが描き出すのは「架空の小説の漫画化」!

宮崎さんがありそうでなさそうな小説のタイトル短篇漫画で表現
毎号摩訶不思議なタイトルが並び、連載を追っていくとさながら「夏次系印の本棚」を垣間見ているような心持ちになります。
ホン好きの心くすぐるヘンなお話たちをお楽しみください!

宮崎夏次系SFM新連載リリース



連載第1回 「武士よさらば」あらすじ

生まれたその時から達筆! 幼少より古文書的な字を書き、ササキはさては神童か、とも思われていた。それから10年後── 
ササキは学校で浮いていた…テストの答案も古文書風にしか書けず、先生も親も困り果てる。 だが、どんなにがんばっても普通の字を書けない。そこには深い深いとんでもない理由が隠されていた。
書き文字に翻弄された少女の運命を描く大スペクタクル。

宮崎夏次系SFM新連載リリース_2


待望の新作「武士よさらば」2月25日発売《SFマガジン》2021年4月号からお読みいただけます!!!

「架空の小説を漫画化する」という新たな試み、そして広がってゆく新たな宮崎夏次系ワールドをぜひお楽しみに!! 


著者既刊『と、ある日のすごくふしぎ』試し読み


朗読劇「空を自由にはばたこうとは」


◎著者略歴
初単行本『変身のニュース』が、文化庁メディア芸術祭マンガ部門の審査委員会推薦作品に選出。次作『僕は問題ありません』が、《このマンガがすごい!》や《俺マン》などの各コミック・ランキングにランクインし、さらにはカルチャーやアートなどの各方面から熱い支持を得ている。《SFマガジン》に連載した日常系SFショートコミック『と、ある日のすごくふしぎ』では、不思議な日常を優しく切り取ったセンス・オブ・ワンダーが好評で、すでに4刷。フジテレビ「世界SF作家会議」にて描き下ろし漫画が朗読劇となり、やくしまるえつこ氏とのコラボレーションが話題となる。



あわせて読みたい


ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/