見出し画像

ミステリマガジン2020年7月号紹介、およびお詫びと訂正について

画像1

ミステリマガジン2020年7月号
この1月30日に、惜しまれつつ亡くなった作家で仏文翻訳家の藤田宜永氏を偲び、本誌では、氏の思い出を語るエッセイや膨大な作品群を総括する作家論、隠れた名作短篇などを再掲載し、氏への最大級の感謝をこめて、追悼の意を表したい。

そして藤田氏といえば、70~80年代を中心とする冒険小説・スパイ小説の時代を支えた作家の一人だったが、その熱い時代が新しい作家たちによってよみがえる予兆がある。当時の熱気のすさまじさと、迫りくる新勢力について、ダブル特集でお伝えする。


特集/藤田宜永追悼
Yoshinaga Fujita Special Memorial Issue

〈追悼記念再録〉
〔短篇〕
Y10(ワイプラステン)の悲劇〔再録〕
藤田宜永
息子を殺された元探偵が発見したのはスクラブルの駒だった。
〔ロング・インタヴュー〕
迷宮解体新書 インタヴュー&文/村上貴史 藤田宜永
〔コラム〕
Midnight in Paris 藤田宜永
フランス・ノワール考現学 藤田宜永
フジタ・ヨシナガ・ミステリール・マガジン編集後記/次号予告 藤田宜永

〈資料と研究・エッセイ〉
藤田宜永さんの思い出 笠井潔/権田萬治/佐藤誠一郎/内藤麻里子/村山昌子
作家解説「藤田宜永」 杉江松恋
著作リスト
メモリアル・ポートレイト


特集/冒険小説の新時代
Adventure and Spy Thrillers in New Era

〈資料と研究・エッセイ〉
『レッド・メタル作戦発動』好評発売中&注目の冒険小説・スパイ小説続々登場 編集部
〔『レッド・メタル作戦発動』刊行記念・連続エッセイ〕
70~80年代の冒険小説・スパイ小説ブームを語る
北上次郎/荒山徹/香山二三郎/伏見威蕃/霜月蒼/月村了衛/古山裕樹/福田和代/川出正樹/塩澤快浩/池上冬樹
『レッド・メタル作戦発動』の最新軍事事情 青井邦夫


特別訳載
病気になるということ[新訳]
ヴァージニア・ウルフ
片山亜紀訳
100年前、感染症にかかった文豪は何を思ったのか? 病気と文学をめぐるエッセイ。訳者解説付き。


新連載
夢幻紳士 夢幻童話篇「燐寸(マッチ)売りの少女」 高橋葉介


ミステリの話題
誉田龍一 追悼
第11回翻訳ミステリー大賞 受賞の言葉 加賀山卓朗
AXNミステリー通信
第10回アガサ・クリスティー賞最終候補作結果発表


連載 日本人作家インタヴュー
第116回 迷宮解体新書 インタヴュー&文 村上貴史 / 福田和代


連載
第18回 おやじの細腕新訳まくり
「ミスター・フィンドレイターの三つの夢」〔新訳〕
A・A・ミルン/田口俊樹訳/解説 杉江松恋

長篇連載
第6話「夢中伝―福翁余話―」荒俣宏
第3回「機龍警察 白骨街道」月村了衛
第11回「INTERVIEW WITH THE PRISONER 
インタヴュー・ウィズ・ザ・プリズナー」皆川博子


●お詫びと訂正
ミステリマガジン2020年7月号『機龍警察 白骨街道』第3回において、以下の誤りがございましたので、訂正いたします。

p292上段後ろから5行目、「大きな意味を持つ要衝として大きな意味を持つ」は、「大きな意味を持つ要衝と言っても過言ではない」が著者の意図として正しいものであり、修正時における編集部の誤りです。

以上、訂正いたしますとともに、月村了衛先生および読者のみなさまにお詫びを申し上げます。

ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
24
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ミステリ
ハヤカワ・ミステリ
  • 120本

「ハヤカワ・ミステリ」及び「ハヤカワ・ミステリ文庫」の話題作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。