見出し画像

いま一番売れてる経済書! 「世界を変えうる良書」「インパクトすごい」「経済学のコペルニクス的転換というのも頷ける」「痛快」「生活の改善に関心を持つ全ての人にお薦めしたい」 ステファニー・ケルトン『財政赤字の神話』読者の感想

Amazon「本」ランキングで最高14位、発売即重版が決まり大きな話題を呼んでいる、ステファニー・ケルトン『財政赤字の神話――MMTと国民のための経済の誕生』(土方奈美訳)。MMT(現代貨幣理論)の解説にとどまらない、お金や社会に対する見方がくつがえる刺激的な啓蒙書です。本記事では、読者の感想の一部をご紹介!

***

「世界を変えうる良書」

「平易な表現を用いながらも決して水準を落とさない筆致で、順を追ってMMTを理解できる内容になっている。翻訳の水準も高いと思う」

「豊富な事例を示し、論理的に展開される文書は読みやすい。訳も良い。本書は経済物理学関連書と共に、経済の本質を語る双璧になるだろう」

「貧困撲滅、災害克服、良き民主制の回復。これほど多くの社会問題を網羅的に取り上げ、分析し、処方箋を出す経済学派は珍しい」

(以上、Amazonレビューより)

ステファニー・ケルトン『財政赤字の神話――MMTと国民のための経済の誕生』(土方奈美訳、四六判上製、本体2,400円+税)は早川書房より好評発売中です。




ありがとうございます!今日のおすすめは『ザリガニの鳴くところ』です。
34
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

こちらでもピックアップされています

ハヤカワ・ノンフィクション
ハヤカワ・ノンフィクション
  • 283本

ハヤカワ・ノンフィクション文庫や、ハヤカワ・ノンフィクションなど。話題のノンフィクション作品の解説、試し読みを公開中。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。