ELLE_エル

イザベル・ユペール&ポール・ヴァーホーヴェン来日中! 映画『エル ELLE』の原作小説を刊行!(7月6日発売、早川書房)

今年度アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた映画『エル ELLE』。その主演女優のイザベル・ユペール氏と監督のポール・ヴァーホーヴェン監督がフランス映画祭2017のため来日しています。

映画『エル ELLE』の原作小説は、フランスで14.5万部のベストセラーとなったサスペンス『エル ELLE』です。
著者のフィリップ・ジャン氏は、苛烈な愛を描いた『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(映画版はジャン=ジャック・ベネックス監督)の著者としてご存知のかたも多いと思います。
フランスでは、30作近くの話題作・問題作を発表し、第一線で活躍する大作家。2012年、本作『エル ELLE』で、フランスの5大文学賞の1つであるアンテラリエ賞を受賞しました。

『エル ELLE』あらすじ:
一人暮らしの自宅で、覆面の男に襲われたミシェル。その後、犯人から自分を監視しているらしきメールが届く。男はいまも近くにいるのだろうか。
彼女は護身具で身を固め、周囲の人々に目を光らせる一方、家族や愛人の厄介事にも対処しなくてはならない。
次々と起きる問題に奮闘する彼女のまえに、ふたたび犯人が現れた!
型にはまらない主人公の姿が衝撃と共感を生んだベストセラー。

本書のカバーでもユペール氏が登場していますが、著者のジャン氏とユペール氏が会ったときの話によると、主人公ミシェルは、「モデルではないが、あなた〔ユペール氏〕を思い浮かべていた」とのこと!
ユペール氏は、ミシェルの強く繊細な姿に見事に重なります。

***

フィリップ・ジャン/松永りえ訳『エル ELLE』は2017年7月6日発売。http://hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013601/

映画『エル ELLE』は8月25日(金)全国ロードショー
映画公式HP:http://gaga.ne.jp/elle/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

出版社・早川書房のページです。最新ニュースに加えて、連載、抜粋、著者やシリーズ紹介とどんどんとコンテンツを投入予定です。Amazon.co.jpアソシエイト。

スキありがとうございます!
3

Hayakawa Books & Magazines(β)

早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/

ハヤカワ文庫NV

冒険小説やスパイスリラー、映画化原作など。ハヤカワ文庫NVの話題作品の解説や、試し読みを公開中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。