【特報】究極の大河警察小説シリーズ第6弾『機龍警察 白骨街道』8月18日発売!
見出し画像

【特報】究極の大河警察小説シリーズ第6弾『機龍警察 白骨街道』8月18日発売!

《ミステリマガジン》連載最終回で大きな反響を呼んだ『機龍警察 白骨街道』が2021年8月18日に刊行が決定しました。
デビュー11 年にして、すでに本シリーズで吉川英治文学新人賞日本SF 大賞に輝き、さらに他でも大藪春彦賞日本推理作家協会賞山田風太郎賞と制してきた月村了衛氏の、すべてを詰め込んだ、現時点の集大成、最高傑作にして、新たなる代表作の誕生です!

機龍シリーズガイドヘッダー

機龍警察 白骨街道』内容紹介
警視庁特捜部に新たな指令が下る。ミャンマーの紛争地で確保された国外逃亡犯・君島の引き渡しを特捜部の搭乗員である傭兵たち──姿、ユーリ、ライザにやらせろというのだ。武器の携帯も許されぬまま、3人は現地に飛ぶ。だが、その道行は、危機に次ぐ危機の連続だった。一方、事態の背後を探るべく、特捜部では君島についての捜査を始め、捜査二課に協力を求める。総動員体制での必死の追跡の先には、掘り起こしてはならない巨大な闇が待ち受けていた……。

※これまでの『機龍警察』は、こちらでご確認ください。
記事「10周年記念〈機龍警察〉オフィシャル・ガイド

画像2

機龍警察 白骨街道』おすすめポイント
①ここからでも読み出せる! もちろん続けて読んだ方にはより大きな満足感をお約束します。
②世界に先駆けてミャンマーの問題を取り上げた、ほぼ唯一のエンターテインメント作品。
③宮部みゆき氏も「自分が書きたいと思って書けない活劇」と絶賛したアクションシーンが今巻も次々登場!
④もちろんミステリとしても傑作! 沖津特捜部長、そしてある人物の名推理が光ります!
⑤重要な新キャラクター登場!

いつ読んでも面白い。でも、今読むのが一番面白い!

フィクションがリアルをつき抜ける奇跡の瞬間を一緒に体験してください!!

画像4

書誌情報
■タイトル:『機龍警察 白骨街道
■著者:月村了衛
■本体予価:1980円
■発売日:2021 年8 月18 日予定
■ISBN:9784152100450
■レーベル:ハヤカワ・ミステリワールド(四六判上製)

画像5

ミステリマガジン連載最終回読者の反響

月村了衛さん白骨街道近影1

著者紹介
つきむら・りょうえ
1963年生まれ。早稲田大学第一文学部文芸学科卒。2010年に『機龍警察』で小説家デビュー。2012年に本作『機龍警察 自爆条項』(以上ハヤカワ文庫JA)で第33回日本SF大賞、2013年に『機龍警察 暗黒市場』で第34回吉川英治文学新人賞、2015年に『コルトM1851残月』(文春文庫)で第17回大藪春彦賞、『土漠の花』(幻冬舎文庫)で第68回日本推理作家協会賞、2019年に『欺す衆生』(新潮社)で第10回山田風太郎賞を受賞。2017年に上梓したシリーズ長篇第5作『機龍警察 狼眼殺手』(ハヤカワ・ミステリワールド)は、「ミステリが読みたい! 2018年版』国内篇の1位を獲得。

コミカライズも始動!
 月刊ヤングマガジン好評連載中『機龍警察
原作 月村了衛  構成 フクダイクミ 漫画 イナベカズ
単行本第1 巻9 月6 日(月)発売予定(ヤンマガKC) 講談社刊


ありがとうございます!今日のおすすめは『息吹』です。
早川書房の書籍&雑誌コンテンツをお届け。キャンペーン、著者紹介、目録のアップも。公式ホームページは、http://www.hayakawa-online.co.jp/