マガジンのカバー画像

コロナの時代

36
2020年、コロナウイルスが感染を拡大することを受けて出版される書籍や、雑誌についての記事です。
運営しているクリエイター

#ヴァージニア・ウルフ

ヴァージニア・ウルフがインフルエンザ療養中に考えていたこと――「病気になるという…

4月27日に公開した「病気になるということ」(ヴァージニア・ウルフ、片山亜紀訳)。とてもた…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」片山亜紀訳/訳者解説公開

本記事は、20世紀イギリスの作家ヴァージニア・ウルフによるエッセイ「病気になるということ(…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」片山亜紀訳③/新訳公開

本記事は、20世紀イギリスの作家ヴァージニア・ウルフによるエッセイ「病気になるということ(…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」片山亜紀訳②/新訳公開

本記事は、20世紀イギリスの作家ヴァージニア・ウルフによるエッセイ「病気になるということ(…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」片山亜紀訳①/新訳公開

本記事は、20世紀イギリスの作家ヴァージニア・ウルフによるエッセイ「病気になるということ(…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」片山亜紀訳/新訳・解説公開

編集部より 早川書房は、20世紀を代表する作家ヴァージニア・ウルフが1926年に発表したエッセ…

ヴァージニア・ウルフ「病気になるということ」新訳公開予定

(※編集部後注 4月27日に本文と訳者解説を公開しました) 早川書房は、20世紀を代表する作家ヴァージニア・ウルフが1926年に発表したエッセイ「病気になるということ(原題:On Being Ill)」の新訳を近日中に公開予定です。 約100年前、世界各国で大流行したというインフルエンザ。1918年から20年頃にかけては「スパニッシュ・インフルエンザ(いわゆるスペイン風邪)」と呼ばれるインフルエンザが流行り、第一次世界大戦下のヨーロッパとアメリカを中心にパンデミックを引き

スキ
111